News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ジョナサン・アンダーソンが手がける「1 モンクレール JW アンダーソン」2021年春夏コレクションが登場

Mar 1, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW61
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が手がける「1 モンクレール JW アンダーソン」の2021年春夏コレクションが3月1日に発売された。一部のモンクレールブティックと公式ECサイトで販売している。

「1 モンクレール JW アンダーソン」の2021年春夏コレクションは、「モンクレール(Moncler)」のクラシックなシルエットに冒険的な要素を加えながら、幻想的で儚い海での生活というビジョンを表現。遊牧的なジャーニーをコンセプトに、変化し続ける状態を夢に見ながら唯一の目的地は今ここにあるということを知る、シンボリックな人物によって特徴付けられており、深海を航行する漁師や、高度なクラフト技術のキルト作りに従事しながら陸地で待つ女性、そして水面に映し出される夕日など、海景にシナリオを見出したコレクションになっている。

アイレットやトリプルステッチなど、セーリングのウェアに見られるディテールが特徴的なパーカーや、フィールドジャケット、バミューダ、カーゴパンツ、鮮やかなカラーブロックでコントラストを効かせたフードやポケット、クロージャーなどが印象的なジャージーTシャツやスウェットシャツなどがラインアップする。また、サステナブルなカラーブロックジャケットや、デグレードベスト、バミューダショーツも展開。外側に用いられたファブリックには、海洋や土壌の廃棄物から再生されたナイロンのEconyl®を使用している。

また、「1 モンクレール JW アンダーソン」の発売に合わせて、儚い瞬間を感覚的に深掘りすることのできる、学際的かつ文化的なプログラムを立ち上げる。キュレーションされた映画の世界的ストリーミングサービス「MUBI」とのパートナーシップを通じて、アンダーソンのコンセプチュアルな想像力を視覚的・聴覚的な風景で描くことで、世界中の視聴者やリスナーが自宅にいながらその世界観を体験することができるようになる。また、バーチャルサロンとして、「Spotify」によるモンクレール ジーニアス ポッドキャストシリーズがリリースされ、ファッション業界における先進的なマインドが集い重要なテーマについて語るという。「サーペンタイン・ギャラリー(Serpentine Galleries)」のアーティスティック・ディレクターを務めるハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)がホストを務める第1回目では、デザイナーの個人的な旅の様子や包括的な旅の経験、そして想像上の旅というコレクションの核心に迫る。「MUBI」によってキュレーションされたフィルムセレクションでは、アートハウスの短編映画から、広く愛される旅の記録映画まで、 長期的に旅をする旅人の考え方を知ることができる。

READ MORE