FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

セルジオ・ザンボンが手がける「2 モンクレール 1952」メンズの2021年春夏コレクションが発売

Jan 14, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW75
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「モンクレール(MONCLER)」は、セルジオ・ザンボン(Sergio Zambon)が手がける「2 モンクレール 1952」メンズの2021年春夏コレクションを1月14日に発売した。一部の国内モンクレールブティックとセレクトショップ、オフィシャルECサイトで販売している。

今回発売するメンズの2021年春夏コレクションは、フランスアルプスの高地からケープコッドの海岸に至るまで、世界中のさまざまな要素が溶け込んでおり、オフホワイトやトープ、淡いカーキなどの柔らかなニュートラルカラーをベースに、陽気なインディアンサフランやロイヤルパープル、マラカイトグリーンで暖かみを加えたコレクションとなっている。ネオヒッピーからウィークエンドハイカー、カジュアルなガーデナーの原型をハイブリッドしたスタイルを体現し、アウトドアを楽しむことを追求した。

ボトムは、洗練されたカーゴシルエットにドローストリングが特徴のバミューダパンツやフレアな“パラッツォチノ”などがラインアップ。アウターには、山に咲く花々のブロックプリントやアルプスの写真のプリント、「モンクレール」誕生の地のモネスティエ・ドゥ・クレルモンの地理や高度座標を表現している。フード付きウィンドブレーカーやパッチポケットカーゴでは、シャンブレーコットンナイロンのフラットなテクスチャーやマットなボンデッドコットン、ナイロンラケの光沢感に対して、シアーなリップストップ生地がプロテクティブかつ透明な色調の相互作用を生み出している。垂直なキルティングがあしらわれたノースリーブジレやマンダリンカラーのジャケットにはコンシールジップをあしらい、春に向けて超軽量なダウンを提案。また実用的なデザインのエプロンショーツやガーデニング用のダンガリーシャツ、スクエアのレトロなアイウェア、リーフプリントのモスリンのバンダナ、“レイ”ネックレスなども展開する。

READ MORE