News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「アディクション」がユニフォームをリニューアル 「ハルノブムラタ」の村田晴信がデザイン

Sep 2, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW61
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

メイクアップアーティストブランド「アディクション(ADDICTION)」は、店頭で働くパーソナルアドバイザー(以下PA)が着用するユニフォームをリニューアルした。

デザインは「ジル・サンダー(JIL SANDER)」のウィメンズデザインチームに所属した経験を持ち、2018年に自身のブランド「ハルノブムラタ(HARUNOBU MURATA)」を立ち上げた村田晴信が担当。村田がバックステージで見たメイクアップアーティストからインスパイアされており、ひとつひとつの所作を美しく引き立たせることにフォーカスしたデザインで、ユニフォームを着用したPAが「スイッチが入る」「プロフェッショナルな気持ちになる」などモチベーションが上がり、現場の店舗で美しく輝きながら仕事をしてもらうための仕掛けが随所に施されている。カットソーの首元にはボタンをあしらい、そこに付けたベルトには「ADDICTION」のロゴを表記。ジャケット袖に上下逆のスリットを入れることで、メイクアップを施す際に袖の内側の別素材の生地や、特注のロゴが刻印されたボタンが見えるようになっている。

村田は「海外ブランドのコレクションに長く携わっていた経験もあり、ショーのバックステージの雰囲気をPAさんたちのユニフォームを通じて、お店に持ち込むデザインにすれば良いと直感的に感じました。全ては、このユニフォームを着用したPAさんたちのモチベーションが上がり、現場の店舗で美しく輝きながら仕事をして頂くためのデザインです。PAさんたちの動きや所作は、まさにコレクションのバックステージで働くプロフェッショナルの姿となり、私が現場で体験した感動を『アディクション』のお客様に感じて頂ければ嬉しいです」とコメントしている。

READ MORE