FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

注目の「花見ラン」にもぴったり 「アシックス」が桜をイメージした春限定コレクションを発売

Mar 23, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW104
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アシックス(ASICS)」は、桜をイメージした春限定コレクション「ASICS SAKURA COLLECTION」を発売した。ウィズコロナ時代に注目されている、ランニングしながら桜を眺める「花見ラン」にもぴったりのコレクションになっている。
ASICS SAKURA COLLECTION

ホワイトや、グリーンやピンクなどのパステルカラーの春らしい色合いにワンポイントの桜エンブレムを施したジャケット(9,350円)やTシャツ(3,850〜4,400円)、ブラトップ(3,850円)、タンクトップ(5,500円)、タイツ(7,700円)が登場。タンクトップやTシャツはショート丈とロング丈の2パターンがラインアップするため、その日の気分に合わせてコーディネートを組むことができる。また、爽快な走り心地を実現しランニング初心者にもおすすめな「BLAST BEYOND SERIES」からも、桜をモチーフにしたランニングシューズ(1万3,200円)が登場する。
ASICS SAKURA COLLECTION

「花見ラン」は3密を回避して春らしさを存分に味わえることから、新たなお花見スタイルとして注目されている。今回、「アシックス」専属コーチの髙橋彩良氏から、桜を満喫しながらコース沿いの休憩スポットやスイーツなどテイクアウトも楽しめる「花見ラン」コースを教えてもらった。今回紹介するコースは総計21kmだが、体力や体調に合わせて好みのコースを切り取って楽しむことができる。
①2km:代官町料金所前の交番付近
②3〜4km:千鳥ヶ淵沿い
③5km:くりこ庵(たい焼き/神楽坂)
④5km:飯田橋サクラテラス
⑤9km:明治神宮外苑/聖徳記念絵画館
⑥10km:PARLA(クレープ/神宮前)
⑦11.5km:青山霊園(南青山)
⑧13km:さくら坂(六本木)
⑨13.5km:楽万コロッケ(コロッケ/麻布十番)
⑩14.8km:浪花家総本店(たい焼き/麻布十番)
⑪15.3km:東京タワー
⑫18.8km:国立劇場前
⑬20km:桜田門

今回のコースについては、「桜がずっと綺麗に見ることができ、桜以外にも都内の観光スポットを楽しめるようなコースにしました。普段都内にいても走ることはなかなかないという人もいるかと思うので、普段とはまた違う景色が見れるように、桜メインで楽しめるように考えました」と髙橋氏。桜や観光スポットを満喫しながらだと、大体3時間〜3時間30分ほどで走りきることができるという。神楽坂や麻布十番では紹介したスポットだけでなくいろいろなお店が近くにあるため、現地に行ってから休憩がてらに散策してみるのもおすすめだ。
髙橋彩良コーチ

ランニングするにあたっての注意点としては「小銭やスマホを入れられるようなポーチは必須。こまめな水分補給も忘れないようにしてください。また、目標を距離で設定してしまうと、早く終わりたいという気持ちが無意識に出てしまいスピードも上がってしまうため、きつく終わってしまいます。距離ではなく時間で設定して、まだ走れるかな?ぐらいで無理なく終われるようにするのがポイントです」と教えてくれた。初心者には今回のコースの21kmは少し厳しいかもしれないとのことだったが、駅近だったりと途中でやめることができるようになっているため、自分で調節して走ることができるコースになっている。

「ASICS SAKURA COLLECTION」以外からも、ランニングの際におすすめのアイテムを髙橋氏が紹介してくれた。新しいランニング感覚を提供するシューズ「METARIDE」(2万9,700円)は、ミッドソールと靴底に新しい構造を取り入れた機能「ガイドソール」が最大の特徴で、軽量性や反発性、耐久性に優れた独自開発の素材を複数使いながら、かかと部に衝撃緩衝材を採用することで足への衝撃緩衝性を高めている。また、前部にカーブ形状を取り入れ、前部の硬度を高めることで走行中の足首部の屈曲を抑えているため、走行中の足への負担を軽減しながら、より少ない力で長く走れるようになっている。サポートと安定感、クッション性がしっかりしているため、初心者から中級者まで履けるシューズになっている。「地面に足をつけば前に進んでくれる新感覚のシューズなので、走っていて楽しいと思います。初心者の人は走り慣れていない分、無駄な筋肉を使ってしまって疲れてしまいランニングが続かなかったりするので、特におすすめです」と話してくれた。
METARIDE

また、ランナー向けのマスクとして2020年9月に発売された「ASICS RUNNERS FACE COVER」(4,180円/いずれも税込)は、呼吸がしやすいようにマスク本体と口の間に適度な空間をもたせた立体設計になっている。マスク本体を2層構造にし、トップレイヤー(外層)はマスク内にこもった熱気を吸収し乾燥させることで不快なムレ感を軽減。ボトムレイヤー(内層)は、マスク下部にメッシュ素材を使用して呼気を下方に排出する構造にすることで、飛沫の拡散を抑制しながらマスク内の通気性を追求した。両サイドのゴム紐を後頭部で止め、ドローコードで調整する仕様になっているため、運動中もストレスなくつけることができる。カラーはネイビーのみで、ワンサイズ展開になっている。
ASICS RUNNERS FACE COVER

昨年に続き、今年もコロナ禍で今まで通りのお花見がなかなかできないが、春らしいウェアやシューズを身につけて「花見ラン」を楽しんでみてはどうだろう。

READ MORE