News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

赤西仁と錦戸亮が「アメリカンイーグル」のアンバサダーに就任

Mar 24, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW234
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アメリカンイーグル(American Eagle)」は、アンバサダーに赤西仁と錦戸亮が就任したと発表した。環境に配慮したサステナブルな「Real Good」コレクションを着用し、それぞれの個性やスタイルを表現している。

「Real Good」コレクションは、持続可能な素材とプロセス中の水の排出量を削減した最新のジーンズコレクション。2021年春夏コレクションから展開をスタートし、「Real Good」のバッジが付いた製品の提供していく。「Real Good」のジーンズは、水の削減と水のリサイクルに焦点を当てたイニシアチブであるAEOウォーターリーダーシッププログラムへの期待に応える工場で製造されている。工場は現在、年間10億ガロンの水を節約しており、ジーンズ1本につき使用される水資源を14%削減。ペットボトル6,000万本相当のリサイクルポリエステルを使用している。また、Blue Jeans Go Green programを通じて56万9,000本以上のジーンズを寄付し、家屋の断熱材へとリサイクルしている。

ビジュアルで赤西と錦戸が着用している「Real Good ムーブ・フリージーンズ」は、ガゼットクロッチが施され、快適さと動きの自由度が高まり、より快適な履き心地を実現したジーンズ。太ももに少しゆとりのあるスリムフィットを探している人におすすめの1本になっている。

READ MORE