News
  • share with weibo

Japan|勢い増すバーチャルモデル 「スライ」と「プーマ」のコラボにバーチャルモデルのimma起用

Aug 16, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW105
  • share with weibo

バロックジャパンリミテッドが展開するブランド「スライ(SLY)」は、「プーマ(PUMA)」とのコラボレーションアイテムを9月6日から発売する。東京のストリートシーンから着想を得たファーストコレクションは、「プーマ」のロゴや「スライ」らしいカラー配色がポイントとなるトップス、ワンピース、ジャケット、スカート、バッグ、スニーカーの計6型展開。スニーカーは「プーマ」で人気の「CELL STELLAR」をトレンドのニュアンスカラーをベースに、アウトソールの一部となっているクッショニングシステム’’CELL’’にイエローを効かせた特別な一足。「スライ」ならではのデザインで、スポーティなアイテムも女性らしく着こなせるラインアップとなっている。また、当コレクションのイメージモデルには日本初のバーチャルモデルimmaが起用された。

immaはピンクボブがトレードマークで、身長、国籍、職業など経歴は非公開。ファッション雑誌に数多く登場し、経済誌やテレビでも取り上げられるなどしている。2018年7月にinstagramのアカウント(@imma.gram)を開設し、現在フォロワー数は7万8000人超え。パリコレやブランドのパーティに度々登場し、秋本梢や水原希子、コムアイ、オカモトレイジなどと並んで撮った写真を掲載している。カルチャーのアップデートと称し、多数多方面のアーティストとのコラボで話題を呼んでいる今最も熱いバーチャルヒューマンだ。


左から:MEME、葵プリズム、uca

immaのようなバーチャルモデルは国内外で続々登場している。日本では、アタリとザーボン アンド ドドリア(ZARBON AND DODORIA)が共同で開発したCGキャラクターMEMEがInstagramアカウント(@meme.konichiwa)を4月2日から公開した。ただ綺麗なお人形モデルではなく、リアルな感情や思想をもった“不完全な女の子”が感じることや、日常の出来事、MEME自身が作ったアート作品を中心に投稿している。また、国内最大級の古着コミュニティ「古着女子」などを運営するyutoriは、7月5日に世界初のバーチャルインフルエンサーのみが所属するモデルエージェント「ヴィム(VIM)」を設立。ネオギャルモデルの葵プリズム(@aoiprism)やバーチャルドールのuca(@xx_uca_xx)が所属している。ヒトと見分けがつかないリアルさと、際立つ個性を持つバーチャルモデルは、この新時代にますます活躍の幅を広げそうだ。

READ MORE