FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Fukaseの手がけるアニメーションプロジェクト「バッドムード」が「アトモス」「ゲス」とコラボ

Mar 4, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW70
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

SEKAI NO OWARIのボーカルを務めるFukaseとクリエイティブ・ディレクターの和田直希が手がけるアニメーションプロジェクト「バッドムード(BAD MOOD)」は、「アトモス(atmos)と「ゲス(GUESS)」との初のトリプルコラボレーションアイテムを発売する。3月6日に「アトモス」一部店舗と「アトモス」オンラインストアで先行販売し、3月13日に「ゲス」一部直営店と「ゲス」オンラインストアで発売する。

「バッドムード」は、Fukaseがデザイン・監修・脚本を手がけ、和田直希が総合監督とクリエイティブディレクションを手がけているアニメーションプロジェクト。Fishman、Butt、Rabbit、UFO、Mothの5人のキャラクターからなる架空のバンド「The Pink Elephants」が皮肉なメッセージで世の中を風刺的に描いている。

今回発売するのは、キャラクターのMothのカラーリングを「ゲス」の象徴的なトライアングルロゴに落とし込んだ、ポップでノスタルジックなアイテム。90年代風のシルエットのデニムジャケット(1万9,900円+税)や、オーバーサイズのパーカー(1万2,900円+税)やロングスリーブTシャツ(7,900円+税)に、一面にスパンコールで埋め尽くされたコラボロゴを配した。

READ MORE