News
  • share with weibo

Japan|「ベネフィーク」の新ミューズに安藤サクラが就任 クリアな美の秘訣は「自分の声に正直になること」

NEWSep 17, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW15
  • share with weibo

「ベネフィーク(BENEFIQUE)」の新ミューズに女優の安藤サクラが就任した。これを記念して、9月15日にオンライン発表会が開催された。

オンライン発表会では、「ベネフィーク」が提唱する究極のクリアな肌・素の美しさ=“生命力(POWER)”を表現するために、リアルタイムCG合成撮影システムを演出に活用。朝日が差し込み、自然界の“生命力”を感じることのできる幻想的なステージ上には、拭き取り化粧水「ベネフィーク リセットクリア」(3,800円)のボトルをCG合成で表現した。

安藤は黒のロングドレスで登場し、新ミューズ就任について「私は、資生堂さんの華やかな感じとは遠いところにいるような気がしていたので、意外に思いましたし、皆さんも意外に思ったのではないでしょうか。これから、どのように『ベネフィーク』の魅力を伝えられるのかを考えました。私なりに自分らしい生活の中での美容というのを伝えていきたい。『ベネフィーク』は歴史が長いブランドで、多くの方に愛用されていると思うので、愛用されている先輩方にはついていく気持ちと、まだ使ったことのない方に対しては、改めて魅力を伝えていけたらと思います」とコメント。「ベネフィーク リセットクリア」については「コロナの自粛期間にスキンケアに取り組みました。どちらかというと、化粧品より、泥が付いている時間の方が多い人間でした。リセットクリアは、いらないものを“浄化”してくれます。必要ないものを落として、うるおいを与えてくれるような。心がちょっともやっとしていても、そのもやもやをふき取って、優しさを与えてくれるというのが魅力だと思います」と述べた。

安藤流クリアな美の秘訣を聞かれると「スキンケアとは、特別な付き合いというよりも、朝お水を飲むのと同じように付き合っていくようにしました。自分の肌とじっくり向き合い、きちんと肌に触れることから始めました。まずは自分の肌と向き合うことが私らしい美容だと思います。自分の声に正直になることでしょうか」と語った。

READ MORE