FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ボノトックス」の新ミューズに小雪が就任 初のメイクアップブランド「ボルビ」もデビュー

Apr 14, 2021.三澤さくらTokyo, JP
VIEW216
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ボノトックス ジャパン(BONOTOX JAPAN)」は、2021年4月より新ブランドミューズに女優の小雪が就任したと発表した。「ボノトックス ジャパン」は4月14日、小雪のブランドミューズ就任を記念してオンライン発表会を開催し、「ボノトックス」初のメイクアップブランドも公開した。発表会には「ボノトックス ジャパン」の代表取締役であるチェ・インヒとビジュアル撮影を担当した写真家の下村一喜が登場し、小雪のビジュアル撮影の動画が公開された。 

「ボノトックス ジャパン」の革新的な技術を応用した最先端の製品は5つのラインから発売されている。「ボノトックス(BONOTOX)」には人工皮膚で美容成分を閉じ込める「ボノトックス セカンドスキンクリーム」(7920円)や、肌に触れると電気を発し振動するガジェットが一体となっている美容クリーム「ボノトックス コンセントレートアイ&リップトリートメント」(1万5600円)などがラインナップされる。アンチエイジングブランドである「タイムレスコード(TimelessCODE)」からは2種類の幹細胞培養液を贅沢に配合した「タイムレスコード デュアルセラム」(1万2980円)が2019年6月より発売。美肌菌に特化したブランド「ビエイド(BIAID)」からは美肌菌と美肌菌の活性化成分を分離保存した新発想のパッケージに入った美容クリーム「デュアル バイタル セラムクリーム」(7700円)が2020年2月に発売した。「ベニ(BENI)」からは下韓国高麗人参の最高級老舗ブランドである「ハンソンジョン」の高麗人参を用いた「ベニ レッドジンセンヘリテージオイル」(9900円)が2020年11月に発売している。

そして、今回「ボノトックス」初のメイクアップブランドである「ボルビ(BOLBE)」からは、ファンデーションとブラシが一体となった、「ボルビ イージー クリエイティブ ファンデーション」(全2色8580円)を4月22日より発売する。日本人向けに計算されたカラー、塗りやすいフォルムとブラシでどんな人でもプロのような仕上がりが叶うファンデーションとなった。 

今回のブランドミューズ就任は韓国の歴史的な漢方薬や食育にもともと興味があった小雪の立候補によって決まったものだという。「ボノトックス」の製品に関して小雪は「いつも自分の肌のコンディションはわかっているんですけど、これは使ってすぐ効果がわかりました。普段何もしていない人もすぐに製品の効果を実感してもらえるものが揃っているし、ぜひ皆さんに実感して欲しいと思いました」と話した。また、「化粧品はお守りみたいな存在だと思っていて、もちろん食べるものや生活もそうですけど、気に入った化粧品や自分に合うものを見つけて、自分をいたわることが美しさに繋がると思います」と自身の美容に対する考えを話した。

写真家の下村一喜は今回のビジュアル撮影に関して「とても良いものができたと思う。小雪さんのオリエンタルな佇まいと、『ボノトックス』のパッケージの近未来的だったり、宝石みたいだったり、見た目の美しさも良いと思います」と話した。また新たなビジュアルに向けてのアイデアについて聞かれると「『ボノトックス』はサイエンスが際立っていたり、古代からあるものを大切にしていたり、色々な要素が思い浮かんでぐるぐるしています。一緒に作り上げてくスタッフの情熱をうけて、自分も情熱を持って世界の方々の印象に残るようなビジュアルを作り上げていきたい」と話した。

 そして、今回のビジュアルメイクを担当したヘアメイクアップアーティストの小田切ヒロは「ビジュアルのヘアメイクを担当させていただきましたが、小雪さんの美しい肌に圧倒された印象的な撮影でした。『ボノトックス』のプロダクト、将来性に期待しています」とコメントを寄せた。

READ MORE