News
  • share with weibo

Japan|「ブルックス ブラザーズ」が「アイ コム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン」とコラボ

Jul 8, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW127
  • share with weibo

「ブルックス ブラザーズ(Brooks Brothers)」は、「アイ コム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン(eYe COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)」とのコラボレーションコレクション「Brooks Brothers × eYe COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN」を今秋発表する。今回のコラボコレクションは「ブルックス ブラザーズ」が日本上陸40周年を迎えるタイミングで実施され、ブレザー1型とシャツ3型が展開される。8月17日より全国の「コム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン」取り扱い店で、8月21日より「ブルックス ブラザーズ 」青山で発売予定。

ブレザー 180000円/ボタンダウン シャツ(ブルー、ホワイト、 キャンディストライプ)各50000円

ブレザーは、マディソンフィットと呼ばれる「ブルックス ブラザーズ」の定番シルエットを採用し、アメリカントラッドの王道である3釦段返りのサックモデルのネイビーブレザーをベースに、異なるチェック柄のツイード生地を合わせてクレイジーパターンにアレンジした。クラシックと斬新なデザインが見事なバランスで融合されている。背中部分の裏地に鮮やかな赤い生地を使用するなど、細部にまでこだわりぬいた至極の一着に仕上がった。1896年に「ブルックス ブラザーズ」が開発した、ブランドの代名詞でもあるボタンダウンシャツも登場する。コットン100%のノンアイロン素材ボタンダウンシャツに、無地やチェック柄の生地をヨークや袖、すそ周りなどに配色し、究極のベーシックアイテムを個性的なパッチワークシャツに生まれ変わらせた。 胸に刺繍されたロゴマークのゴールデン フリースが、「ブルックス ブラザーズ」を主張しつつ、「アイ コム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン」らしいデザインとミックスされ、特別な1枚に仕上がった。 

「ブルックス ブラザーズ」は1979年にブランドの海外初進出として青山本店をオープンした。以来40年間同じ場所で営業を続け、青山エリアの象徴的ランドマークとなっている。日本上陸40周年を祝う今年は、クラシックアメリカンの原点回帰を掲げ、愛され続けるベーシックアイテムにフォーカスしており、今回のコラボコレクションでも永遠の定番であるネイビーブレザーとボタンダウンシャツを選び、そこにアレンジを加えるという、ブランドの遊び心と自信を体現するコレクションになっている。

READ MORE