FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

世界初のGPS機能を内蔵した「プロトレック」のアウトドアウオッチが未来技術遺産に登録

Sep 25, 2021.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW1325
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

1999年にカシオ計算機が発売した世界初のGPS機能を内蔵した「プロトレック(PRO TREK)」のアウトドアウオッチ「PRT-1GPJ」が、独立行政法人国立科学博物館が行う「2021年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録された。

「未来技術遺産」は、国立科学博物館が2008年度から実施している登録制度で、科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料の保存と活用を目的としている。

今回登録された「PRT-1GPJ」は、「プロトレック」シリーズの最上位モデルとして「サテライトナビ」の愛称で発売された。カシオのLSI技術・高密度実装技術によって、GPS機能を世界で初めて搭載し、さらには大幅な小型・軽量化を実現した。現在位置の緯度・経度を計測するだけでなく、目的地を設定しておくことで、現在地から見た目的地の方向と距離をグラフィック表示する機能や、緯度・経度を記憶する機能も備えていた。

 

READ MORE