FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

そろそろクリスマス! 2021関東クリスマスマーケット情報

Nov 22, 2021.山本凛Tokyo,JP
VIEW896
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

夜になるとコートが必要なほど冷え込んできて、気がつけばもう11月の終わり。そろそろ本格的な冬の訪れを感じる最近は、気が早い商業施設がもうクリスマスムードに染まっている。やっと心置きなく出かけられるようになった今だからこそ、クリスマスのお出かけに思いを馳せている人も多いのではないだろうか。クリスマスといえば、キラキラと輝くイルミネーションに彩られたクリスマスマーケットは定番のスポットだ。都心から出ずに、まるでクリスマスの本場であるヨーロッパにいるような気分でお買い物や食事ができるクリスマスマーケットを紹介する。

日本のクリスマスマーケットと言えば横浜の赤レンガ倉庫で毎年開催されている「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」。今年で12回目の開催となる当イベントでは、クリスマスマーケットの本場であるドイツの建築様式を取り入れた赤レンガ倉庫だからこその雰囲気満点な夜が楽しめる。今年のテーマは「ギフト」に合わせて、スノードーム作りなど様々なワークショップも催される。このイベントの一番の魅力はクリスマスならではのグルメが楽しめるところだ。チョコレートブランド「リンツ(Lindt)」のホットチョコレートを始めとして、名店が特別なクリスマスの為に腕を振るう。クリスマスマーケットと言えばのホットワインを出すお店も数多く出店される。クリスマスに備えた買い物を心ゆくまで楽しんだら、会場に置かれる大きなツリーを眺めながら一息つくのもいいだろう。

「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」

開催期間:11/26(金)-12/25(土)

営業時間:11/26(金)15:00-21:00、11/27(土)-12/10(金)11:00-21:00、12/11(土)-12/25(土)11:00-22:00

入場料:平日、11/27-11/28、12/4-12/5は無料

    それ以外は300円で事前予約制

都内で行われるクリスマスマーケットの中でもとりわけ有名なのは日比谷公園で開催される「東京クリスマスマーケット2021in 日比谷公園」。こちらは都心からのアクセスが抜群なことから、会社帰りや別の場所へのお出かけついでに訪れることのできる手軽さが魅力だ。2015年に、クリスマスオーナメントの本場であるドイツのザイフェン村からクリスマスピラミッドをシンボルにして始まった当イベント。木製で、ツリーよりも歴史が古いというクリスマスプラミッドは他のイベントではなかなかお目にかかれない代物。日比谷公園の噴水広場で、一味違うクリスマスマーケットを味わえる。

「東京クリスマスマーケット2021in 日比谷公園」

開催期間:12/10(金)-12/25(土)

営業時間:初日16:00-22:00、その他11:00-22:00

入場料:1,000円(オリジナルマグカップ付き)

最後に紹介するのは天候を気にせずに楽しめる、六本木ヒルズの屋根付きイベントスペースで開催される「クリスマスマーケット2021」。会場内は世界最大のクリスマスマーケットと名高いドイツのシュツットがルトのクリスマスマーケットを再現してある。入場料が無料なのも嬉しいポイントで、歩くだけでもホリデー気分が味わえる。六本木ヒルズ全体で行われる「ROPPONGI HILLS CHRISTMAS 2021」というイベントの一環で行われるため、会場近くにはけやき坂のイルミネーションや様々なクリスマウムードのオブジェが置かれている。他にも期間限定のポップアップショップも立ち並び、ギフト選びにも困らない。ショッピングやイルミネーション、グルメなど、充実した1日が味わえる盛りだくさんなスポットとなっている。

「クリスマスマーケット2021」

開催期間:11/10(水)-12/25(土)

営業時間:11:00-21:00

入場料:無料

READ MORE