FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

【小泉恵里のビューティ連載】6週間で5キロ減、コロナ太り解消日記

Jan 7, 2021.小泉恵里Tokyo, JP
VIEW1723
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

半年で5キロもコロナ肥えしました。打ち合わせも、インタビューもオンラインになって引きこもっていた毎日。料理に工夫を凝らし、全国から美味しいものをお取り寄せし、深夜はNetflixで韓流観ながら日本酒&おつまみ。そして11月頭、半年ぶりに体重を測ったところ5キロ増。一念発起して初めてのダイエットに挑んだ。

酵素ファスティングのおかげか、運動のおかげか、6週間で5キロ減、体脂肪率約5%減をなんとか達成。身体が軽くなって、階段の登り降りも余裕になったし胃腸も調子がいい。

色々やりすぎて何が勝因だったのか明確ではないけれど、よかった方法をご紹介したい。
40代のダイエットは運動だけでは痩せない、食事制限だけでは老けると聞いていたので、両方の側面からアプローチしてみた。ぜひ参考にしてみてください。

*緑:体重 水色:体脂肪率 (体重は伏せておきます)

 

どうやったら6週間でマイナス5キロ減したのか?

食事
カロリーや炭水化物、糖質を全く無視した今までの食事内容を見直し。ダイエットアプリ「あすけん」を活用してカロリーコントロールを行なった。体重が元に戻った今は、少々カロリーを上げながらゆるめに継続中。

1.朝は酵素ジュースで半断食
酵素ドリンク「マリッカエンザイム」を炭酸水で割ったドリンク

厳選された野菜と果物75種類 無添加 酵素飲料
マリッカエンザイム ME 酵素ドリンク ダイエット (1000ml) 6,480円

朝食には酵素ジュースだけ。これは一番効果があった。3キロ減の時点で再び体重増加に転じた頃、友人の勧めで始めたのが12月2日。その後すぐに体重が減り始めて目標だった5キロ減を実現した。(*グラフ参照)朝酵素ジュースだけにしたら、昼や夜に何を食べても体重が増えなかったのだ。夜8時の焼肉も、クリスマスケーキや丸焼きチキンの後もお正月の栗きんとんやお雑煮の後もずっと体重、体脂肪をキープし続けている。実際の効果は定かではないが、個人的な体験としてお話しさせていただく。

*12/2以降に体重減少が安定

朝ファスティングは、『朝だけ断食で、9割の不調が消える! 』や『「酵素」が免疫力を上げる!』などの著書で知られる鶴見隆史先生の本で知った健康法。正しい方法で朝食を抜けば、酵素が活性化して、腸内環境もよくなるので免疫力もアップする、という理論に基づいている。ずっと朝食を大切にしていた私は「朝食は1日の活力源だからしっかり食べないと」と、野菜も炭水化物もタンパク質もしっかり摂っていました。朝ごはんは何より大事、と思っていた私だったが、これを読んで目から鱗だった。

 

 

さらに、ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた、医学的に正しい食事術=「半日断食」について書かれた『空腹こそ最強のクスリ』(医学博士・青木厚著)も読んで納得。16時間以上の断食によってオートファジーが起こり、古くなった細胞が生まれ変わりアンチエイジングができるという嬉しい情報。これを念頭に置いて、夜7時までに食べ終えてから翌日12時ごろまで食事を抜くことを続けている。

2.夜の炭水化物OFF
米やパンを食べるのは、昼だけ
昼の米は寝かせ玄米を中心に。麺が食べたいときには、豆腐で出来た豆腐干で代用。

*豆腐干

3.ビール、日本酒、ワインを我慢
ビール→糖質0%ビール「一番搾り」に
日本酒→焼酎に
という代替えでお酒好きでも乗り越えられた

4.11:30には寝る
遅くまで起きると何か飲みたくなる、食べたくなる、ということで11:30には就寝

5.1日1200~1300kcalを目指す(ダイエットアプリ「あすけん」https://www.asken.jp/に毎日食事内容を記入)
簡単な食事記録でカロリー計算・体重管理ができる無料ダイエットアプリを使って、食事管理。毎日の体重・体脂肪率の記録、運動登録をすることで自然と意識を高く保てる。
毎日同じ時間に体重を計り、食べたものを正直に記録。これだけでも日常が変わる。

*あすけんアプリ

運動
1ウォーキング
毎日8000歩を必ず歩く。息が上がるくらいの速歩を15分以上続けて歩数が足りなかった日は、夕食後に買い物を兼ねてプラス3000~4000を目指す。

2ファイドゥ
アルゼンチンで生まれた格闘技のプログラム。キックボクシング、ムエタイ、マーシャルアーツの動きをベースに有酸素運動と無酸素運動の組み合わせにより、全身の筋力、持久力、俊敏性、柔軟性を効果的に向上させることができるクラス。45分で350kcal消費できる、割とハードなエクササイズだが、アップビートな音楽に合わせてキックやパンチを繰り返すのは快感になる。これをジムで週2ペースで行なっていました。

3 水泳と水中ウォーク
週に一度は水泳と水中ウォーク。

4 スクワット
朝晩の歯磨き、ドライヤーで髪を乾かす間はずっとスクワットを続ける。
1日合計10分ほど。

現在、全部はやっていません。
1日8000歩歩いて、夜の炭水化物を控えめに、朝は酵素ジュース。たったそれだけで1月現在リバンドなし。

再び緊急事態に入るので引きこもりがちになりますね。
コロナ太りしやすい今、ぜひ試してみてください。

***このコーナーは、ビューティー偏差値低めの40代ライターが、遅ればせながら自らのエイジングサインに直面して焦り、コスメ、健康食品、エクササイズなどを手探りで体験レポートする連載です。ナチュラルで体に優しい美容法を中心に、時には最新科学も取り入れながら、頑張りすぎない美しさを追求していきます。(身長171.6cm 現状BMI17.8)

 

READ MORE