News
  • share with weibo

Japan|ファンケルから着るタイプの化粧品「着るモイスチャライザー」が登場

Oct 12, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW44
  • share with weibo

ファンケルは、着るタイプの化粧品「着るモイスチャライザー」シリーズを10月20日に発売する。

「着るモイスチャライザー」は、敏感肌研究を40年続けている化粧品会社ならではの新発想で、乾燥しがちなデリケート肌の女性に向けた着ることで肌のうるおいを守る「着るタイプの化粧品」。ボディケアに対して「背中など部位によってケアがしにくい」「乾燥ケアの効果に不満」などの不満を聞く一方、「手軽にボディケアがしたい」「日中や寝ている間など、一日中乾燥対策をしたい」というニーズもあることから、それらの不満を解消しながらニーズに応える製品として、保湿効果のある「着る化粧品」の開発を行った。40年間敏感肌研究を続けてきたファンケルの技術力で、高保湿化粧品成分をコーティングしたオリジナルの繊維を開発し、着用するだけで肌の保湿が持続できる肌着やマスクなどを展開する。

今回発売されるのは、腕やひじ、手が届きにくい背中の乾燥対策に使える「着るモイスチャライザー 七分丈」(3,680円)、皮脂が少ない太ももやスネなどが乾燥しがちな人におすすめの「着るモイスチャライザー レギンス」(3,980円)、いつものスキンケアだけでは物足りない時や、日中も継続して保湿ケアしたい人にぴったりの「着るモイスチャライザー フェイスマスク」(単品 1,320円、2枚組 2,340円)の3製品。ファンケルの保湿化粧品にも使用している「セラミド」や「コポリマー」を組み合わせて微細なカプセルにした高保湿化粧品成分「セラミドヴェール」をコーティングしたオリジナルの繊維が、直接肌に触れることで第2の皮膚のような、肌の水分量を調整しながらうるおい肌に導いてくれる。保湿成分が繊維の奥まで入り込むため、洗濯後も保湿効果が持続するという。

READ MORE