News
  • share with weibo

Global|フローフシの「ウズ」が世界初フラッグシップストアをNYにオープン

Jul 1, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW77
  • share with weibo

フローフシ(FLOWFUSHI)は、6月25日に新ブランド「ウズ(UZU)」のフラッグシップストア「UZ 19 HOWARD」(アメリカ国内におけるUZUのブランド表記は「UZ」)を、ニューヨーク・SOHO地区の19 Howard Streetにオープンした。オープン前夜に行われたオープニングイベントには、 シンガーソングライターのケレラ(Kelela)やモデル兼パフォーマーのアクエリア(Aquaria)、 デザイナーのアダム・セルマン(ADAM SELMAN)、 アーティスト兼モデルのリッチー・シャザム(Richie Shazam)、 活動家兼モデルのパロマ・エルセッサー(Paloma Elsesser)、 DJのココ&ブリージー(Coco And Breezy)など、 各界から多数のセレブリティたちが駆け付けた。

ユーザーが近づくと反応して光を放つ「Phone Booth」は、 どんなフレームを日々感じているか、 どんなフレームがなくなればもっと楽しい世界になるかというユーザーの声を集めるスペース。 集まったアイデアをもとに、 今後「ウズ」が“UNFRAME THE BEAUTY”していく方法を決定し、 世界中の人々がアイデア実現のためにオンラインとオフラインで繋がることを目的としている。 「UZU Showroom」では、 ユーザーが「EYE OPENING LINER」13色を試すことができ、その場で購入することが可能。 価格はアメリカで実施した「KEEP OR DROPキャンペーン」でユーザーの声により決定した16ドル(約1732円*)だ。 他エリアとは一線を画した世界観の「Brush Demonstration」では、日本の熊野・奈良の筆職人が筆作りの最重要工程である手もみの実演を行う。 世界でたった7人しかいない職人の手によって1本1本作られている「EYE OPENING LINER」の「大和匠筆™️」。その作成行程の中の1200年もの歴史ある伝統の職人技を、 来場したユーザーへ届ける。

UZ 19 HOWARDは、 1stフェーズとして7月14日にクローズし、 2ndフェーズは今年の秋にオープン予定。 今後も"完成しない店"として、 世の中やファンと繋がりを持ちながらさらなる進化を目指す。

*1ドル=108.25円換算(7月1日時点)

READ MORE