FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「H&M」が「グッドニュース」とコラボ 環境負荷の少ない素材を使用したスニーカー発売

Mar 29, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW62
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「H&M(エイチ&エム)」は、イギリスのシューズブランド「グッドニュース(Good News)」とコラボレーションし、環境負荷の少ない素材を使用したユニセックスのスニーカーコレクション「GOOD NEWS x H&M」を4月1日に発売する。「H&M」渋谷店と新宿店、公式オンラインストアで取り扱う。

「グッドニュース」は、ニア・ジョーンズ(Nia Jones)とベン・タッタソール(Ben Tattersall)が2016年にロンドンで設立した環境に優しいフットウェアブランド。「Good News x H&M」コレクションでは、いきいきとした70年代風のカラーが印象的なスニーカー7型とサンダル1型が展開される。各モデルのソール部分にリサイクルラバーを使用し、アッパー部分にはリサイクルコットンや、ワインの製造時に廃棄されるブドウの皮、茎、種などの副産物から作られたヴィーガンレザーの「VEGEA」、バナナの茎から作られた繊維「Bananatex®」を使用している。価格は3,999円〜1万3,999円で、公式オンラインストア限定でキッズ用スニーカー3型も展開する。

「H&M」デザイナーのデイヴィッド・ソダーランド(David Söderlund)は「『グッドニュース』とのコラボは、良いエネルギーと前向きさをもたらしてくれましたし、彼らの創造性と変化へのモチベーションは、私たちのチームにインスピレーションを与えてくれました。私たちは力を合わせ、共により良い企業になることを目指しています。今回のコレクションは、霞んでいて先が見えない今の世界とは対照的に、とても明るくカラフルなものとなりました。様々な色や革新的な素材をとても気に入っています」とコメントしている。

READ MORE