News
  • share with weibo

Japan|「G-SHOCK」から心拍計とGPS機能を搭載した「GBD-H1000」登場

Apr 22, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW495
  • share with weibo

G-SHOCK(Gショック)」は、心拍計とGPS機能を搭載した「GBD-H1000」(5万円+税)を5月下旬に発売する予定だ。

「GBD-H1000」は、血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定できる光学式センサー、方位・気圧/高度・温度を計測するトリプルセンサー、歩数や移動距離を計測する加速度センサーなどのセンサーと、GPS機能を搭載したモデル。防水仕様の充電端子を採用しているため20気圧防水を実現。複雑な凹凸形状で、ガラスやボタンへ直接衝撃がかからないような構造になっている。専用のアプリを使えば消費カロリーや移動軌跡などの計測データを管理することも可能で、また、各種センサーで計測したデータを解析すれば心肺能力の指標を時計上で表示してくれる。トレーニングや健康管理に最適なモデルになっている。

ボタンを見ないでも操作がしやすいベゼル形状や、カーブがかかったバックカバーやソフトウレタンバンド、見やすいMIP液晶など使いやすさも抜群。USB充電に加えて、バイブレーションによる着信通知機能など日常での使用はソーラー充電で賄うこともできる。

READ MORE