News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

『家庭画報』新年号は高橋大輔選手の独占インタビューや浅田真央の描き下ろしぬりえブックが掲載

Dec 2, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW920
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

世界文化社は、『家庭画報』の2021年新年号となる1月号を12月1日に発売した。新年を迎えるにふさわしい別冊付録が満載だ。まず、綴じ込み付録「メモリアルフォト特集 高橋大輔」では、今年1月からアイスダンスの世界に飛び込んだ高橋大輔選手の独占オンラインインタビューと過去の写真18点が掲載されている。フィギュアスケート特集で扉を飾った2011年12月号から直近の20年3月号まで、反響の大きかった写真や初登場の写真を織り交ぜた永久保存版だ。今回、2020年10月に、米国フロリダで練習を重ねている、高橋大輔選手と村元哉中選手にオンラインインタビューを敢行、充実のアイスダンス生活、NHK杯への意気込み、全日本選手権の目標についてインタビューしている。さらに、別冊付録として、浅田真央氏が描き下ろしたぬりえブックが掲載されている。浅田真央氏は、自身のインスタグラムにきれいな色合いのぬりえ作品を数多くアップしており、今回特別に愛犬のエアロ、スケート靴、大好きなお花をモチーフにしたぬりえの下絵を描き下ろした。「私が描いた下絵に、皆さんがどんな色をつけてくださるのかワクワクしています!ぜひみてくださいね」と、浅田真央氏は語っている。そのほか、新春インタビューとして、日本のポップス界を代表するシンガー・ソングライターの竹内まりや氏が登場している。夫である山下達郎氏との生活、65歳を迎えた今、その先の人生などについて惜しみなく語っている。

READ MORE