FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

会員数295万人のフラッシュセール「グラッド」がTVCMに窪塚洋介を起用 「グラッドに会えてI'm glad!」

Jun 21, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW48
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

会員数295万人のフラッシュセールサイト「グラッド(GLADD)」は、窪塚洋介を起用した新テレビCMの全国放送を6月21日より開始した。窪塚洋介にとっては約6年ぶりとなる単独でのTVCMの出演だ。CM挿入歌は、ライブ活動19周年を迎えた弦楽四重奏のバンドの斎藤ネコカルテットが担当した。「グラッド」は、人気ブランドのアイテムやサービスを期間限定でオフプライスで販売するECサイトで、今回のテレビCMは『20時を待つ男 登場篇/ダンス篇』の2篇からなり、毎日20時からセールを開催する「グラッド」の特長を表現した。この動画はすでに窪塚洋介が自身のインスタグラムで投稿しており、SNS上で話題になっている。

窪塚洋介は、今回のテレビCMの出演についてインタビューに答えており、自身のライフスタイルなどについて語っている。「グラッド」がセールを開始する20時は、「ごはんを食べ終わって、娘にお風呂に一緒に入ってって言われて、それをはぐらかしているか、巻き込まれて入っているか。音楽を聴いているか、本を読んでるか。大体家にいます」と答えており、さらに洋服選びについては、「直感で選ぶことが多いですけれど、休みの日は一日パジャマ着ていたりします。『着替えなよ』と言われながら着替えないっていう日もあります。何年かガイドにしてる運勢本みたいなのがあって、それに載っているラッキーカラーをベ ースに組んだりもするし、貰ったばかりでまだ着ていない服があればそれを選んだり、最近はオーガニックな素材のものだったり、藍染めのものを好んで着てますね」とコメントしている。インタビューの最後には、「グラッドに会えてI'm glad」と饒舌だ。

窪塚洋介は、2020年から自身の番組『今をよくする TV』をYouTubeで配信し、伝統工芸職人やアーティストらと丸いグラスのブランド「ワタシジャパン(WATASHI JAPAN)」を手がけ、俳優以外の活動も注目されている。

READ MORE