FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「グッチ」のレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」が東京・銀座にオープン

Oct 5, 2021.安江侑花Tokyo,JP
VIEW50
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「グッチ(GUCCI)」は10月28日、東京・銀座のフラグシップショップ「グッチ並木」の最上階に、イタリアのフィレンツェ、米国のロサンゼルス・ビバリーヒルズに続く世界3店舗目となるコンテンポラリーなイタリアンレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」をオープンする。「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」では伝統的なイタリア料理にクリエイティビティ、エレガンス、遊び心、センシュアリティを織り込み、その土地ならではの多様性とアイデンティティを表現した独創性あふれる料理を楽しむことができる。

今回銀座にオープンするレストランは、メインダイニング48席、テラス12席を備え、ランチ、ディナー、そしてイタリアスタイルのアペリティーヴォを提供。ヘッドシェフは、フィレンツェ本店から迎えたアントニオ・イアコヴィエッロが務める。

メニューは、ミシュラン3つ星に輝き、2016年と2018年に「The World's Best Restaurant」に選出されている「オステリア フランチェスカーナ」のオーナーシェフとして世界的に高い評価を得ているマッシモ・ボットゥーラやアントニオ・イアコヴィエッロ他が開発。イタリア料理をベースに日本料理からのインスピレーションを取り入れた「パルミジャーナ ラーメン」や「和牛 ミラノ風」といった東京オリジナルのシーズンメニューも登場する。 350種類以上のワインのセレクションやカクテルなど、多彩なドリンクのメニューも取り揃え、ルーフトップテラスでは、日曜日を除く毎日16時から18時まで、伝統的なイタリアのアペリティーヴォとしてシャンパンや軽食を楽しむことができる。  

メニューを開発したマッシモ・ボットゥーラは「イタリアと同様に、その土地の文化と深く結びついている日本食や食材は、間違いなく世界で最も魅力的な料理のひとつです。日本は私にとってとても特別な場所であり、私たちの東京のレストランに皆さまをお迎えすることを心から楽しみにしていますとコメントしている。

 

 

READ MORE