FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「H&M」が「あつまれ どうぶつの森」でバーチャルコレクションを発表

Nov 6, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW809
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「H&M(エイチアンドエム)」は11月2日、Nintendo Switch向けソフト「あつまれ どうぶつの森(Animal Crossing: New Horizons)」のゲーム内で入手可能なバーチャルコレクションを発表した。同ブランドは4月に、同ゲーム内にサステナビリティをテーマとした島、「エイチ・アンド・エム ループ・アイランド(H&M Looop Island)」を作成し、キャラクターが古着をリサイクルできるデジタル体験を発表しており、その成功を受け今回のコレクションのローンチに至った。

今回発表されたバーチャルコレクションは、「H&M」が10月に発表した完全ビーガンコレクション「Co-Exist Story(=共存のストーリー)」から11アイテムが選出され、仮想形式で再現されたもの。「Co-Exist Story」は、動物の権利を守る団体である「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA:People for the Ethical Treatment of Animals)」の完全な承認を受けており、一般に動物から生産されている素材の代わりに画期的な新素材を使用している。各アイテムは、ゲーム内で使用されるコードを介してアクセス可能なループ島のショールームで公開され、プレイヤーもゲーム内の仕立て屋「エイブルシスターズ」でダウンロードすることができる。

また、「H&M」は初めてのバーチャルコレクション発表にあたってファッションショーを開催する。同ブランドのグローバル・サステナビリティ・マネージャーであるパスカル・ブラン(Pascal Brun)が出席し、Twitterのフォロワー数85万人を誇る女性ゲーマーのBrookeAB(@brookeab)が他のゲームインフルエンサーらとゲーム内でのモデリングを体験する。

ブランは、「H&Mでは、野心的な持続可能性イニシアチブで顧客やファンを引き付けるための新しい方法を常に開拓しています。『どうぶつの森』で初となるファッションショーを開催し、ビーガンの『Co-Exist Story』コレクションを紹介することは、お客様が不要な衣服を再利用、リメイク、リサイクルすることを奨励するために考案された、ループ島のコンセプトの論理的な次のステップです」と述べている。

READ MORE