FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ヒステリックグラマー」が「挑発関係=中平卓馬×森山大道」展とコラボしたTシャツを発売

Jul 19, 2023.田村太陽Tokyo,jp
VIEW424
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」は7月15日、神奈川県立現代美術館葉山館で7月15日〜9月24日まで開催中の「挑発関係=中平卓馬×森山大道」展の開催を記念した、コラボレーションアイテムを発売した。

 

1984年に誕生した「ヒステリックグラマー」は、ロックとファッション、そしてアートの融合をブランドコンセプトとしている日本のファッションブランド。デザイナーの北村信彦が影響を受けた60年代〜80年代のサブカルチャーからインスピレーションを受けてデザインされたアイテムを展開している。

 

今回、同ブランドがコラボする二人の写真家、中平卓馬と森山大道は、お互いを唯一無二の同志として意識し、挑発し合う特別な関係であったという。本展覧会は同い年であり、ともに逗子に住んでいた二人の半世紀以上にわたる写真表現を比較・検証していく初めての機会である。

 

今回のコラボアイテムは、過去に森山大道の写真集「Daido Hysteric」を発行した北村信彦による、森山大道と中平卓馬それぞれの印象的な写真を前面に用いたプリントTシャツである。森山大道のアイテムは、同氏の写真集「写真よさようなら」から、1949年の下山事件を報じた当時の雑誌の複写と同人誌「PROVOKE3号」にも掲載されている青山のスーパーマーケットで撮影された、いわゆるアレ・ブレ・ボケの写真の2枚がプリントされている。一方、中平卓馬のアイテムは、同氏の初の写真集「来るべき言葉のために」から、印刷物の一部と思われるイメージと同写真集の最後に掲載されている海の写真の2枚がプリントされている。

 

本コラボアイテムの価格は15,400円。7月15日から、全国の「ヒステリックグラマー」店舗、「ヒステリックグラマー」公式オンラインショップで販売中。

 

READ MORE