FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

インスタ投稿数は300万件以上!コロナ禍でもこっそり遊び心をプラスできる「インナーカラー」が人気

Jul 3, 2021.山本凛Tokyo, JP
VIEW129
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
Photo:SEVENTIE TWO

お洒落な女性の間ではもはや定番となりつつある「インナーカラー」。髪の内側にカラーを入れるヘアスタイルで、入れる場所や色によって自分だけのスタイルを作れるのが人気の秘訣だ。そんなインナーカラーがコロナ禍で密かなブームを起こしている。

定番は耳から下の部分をカラーリングするスタイル。髪の毛を耳にかけたり、結いたりするとカラーリングした部分が覗く。上級者は、耳の上の部分を染める「イヤリングカラー」や、前髪の内側を染める「バングカラー」を楽しんでいる。カラーも、ゴールドやピンクなどのハイトーンから、グレーやベージュなどのダークカラーまで、人それぞれだ。染める部分が少ないので、ハイトーンが気になっているけど勇気が出ないという人も挑戦しやすい。土台となるヘアスタイルやカラーも選ばないため、自分に似合うスタイルでカラーリングを楽しめる。髪型もカラーも全て自分が好きなものをチョイスすれば、人と被らない唯一無二のスタイルが完成する。

そんな「インナーカラー」がコロナ禍の今、再熱している。インスタグラムでの♯インナーカラーの投稿数が300万件を超えるなど、その注目度は増すばかりだ。リモートワークなら髪の毛を下ろしておけばバレないし、逆に洋服でのお洒落が制限されるオンラインでは「インナーカラー」が良いアクセントになる。さらに、マスクでメイクが充分に楽しめない今、顔周りに色があることで華やかなイメージを演出できる。暗くなりがちなコロナ禍で、手軽にできて気分も上がる「インナーカラー」は、日常に彩りを加えてくれるようだ。

READ MORE