FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ジル サンダー」が2021年春夏キャンペーンイメージを発表

Jan 25, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW418
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ジル サンダー(JIL SANDER)」は、2021年春夏キャンペーンイメージを発表した。先シーズンより続く“触れ合い”というテーマに捧げるキャンペーンプロジェクト第2弾となる。

今回のキャンペーンプロジェクトでは、共同クリエイティブ・ディレクターのルーシー・メイヤー(Lucie Meier)とルーク・メイヤー(Luke Meier)が過去にコラボレーションしてきた親交のある写真家たちが、それぞれの視点から世界観を表現。今回コラボしたのはビビ・ボスウィック(Bibi Borthwick)、ドリュー・ジャレット(Drew Jarrett)、シャニクワ・ジャービス(Shaniqwa Jarvis )、ナイジェル・シャフラン(Nigel Shafran)の4名で、ロンドンやニューヨークの街中、自宅の庭、アトリエなどで撮影が行われた。

ルーシーとルークは「このキャンペーンプロジェクトで気に入っているのは、 作者、被写体、そして私達のチームとの共同作業です。『触れ合い』、『親密さ』、『友情』など、与えられたテ ーマに沿って即興的に行動し、親近感を感じ、信頼し、理解している人たちと一緒に作業する事は大きな喜びでした。シャニクワ、ナイジェル、ドリュー、ビビ、そしてアレク・ウェク、ヴィヴィアン・ソラリ、サスキア・デ・ブロウ、リリー・マクメナミー、オタワ・クワミ、ユーリ・プレスクン、レオ・バンジが、私たちの招待に応じてくれたこと、そしてひとつの合唱音楽をつくるべく作品を預けてくれたことを、とても嬉しく思っています」とコメントした。

READ MORE