FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ジミーチュウ」が「マリーン・セル」とのコラボコレクションをローンチ

Feb 17, 2021.関根美紅Tokyo,JP
VIEW33
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ジミーチュウ(JIMMY CHOO)」は、パリの新進気鋭デザイナーブランド「マリーン・セル(MARINE SERRE)」とのコラボレーションコレクションをローンチする。「マリーン・セル」は、フランスのクチュールが持つクラシックなフォルム、スポーツウェアの要素とファブリック、「エコフューチャリスト」としての決意に満ちた主題とビジョンをハイブリッドに掛け合わせたブランドだ。

コラボコレクションは、「マリーン・セル」の人間工学と動力学に基づくウェアに着想を得て、アスリートスタイルを取り入れ、モダンライフのリズムに合うようにデザインされている。その特徴的な流線型のシルエットは、両ブランドに共通する「スタイルに妥協せず、快適さと体のことを考えた」というデザイン理念を際立たせる。

同コレクションは、6つのキースタイルに焦点を絞り、「マリーン・セル」の2021年春夏コレクションとその発表形式として付随する映画の物語を描くのに一役買う。映画は監督にサシャ・バルビン(Sacha Barbin)とライアン・ドゥビアゴ(Ryan Doubiago)を迎えて共同制作された。各スタイルはトータルルックにおいて必要不可欠なパーツとなるようにデザインされ、各ルックを強調しながら、着る人のアイデンティティ、新たな一面など、異なるキャラクターを表現している。

インスピレーションは「ジミーチュウ」のアーカイブから引き出されており、2000年秋冬のヴィンテージスタイル「FARO」を出発点として、その形やデザインを再考。「マリーン・セル」の刷新と再生への飽くなき関心に同調した、今日のための再発明となる。「FARO」の細長いポインテッドトゥや、動きやすくスポーティーなローヒールのシルエットといった特徴が、コレクションのラインアップを物語る。

全スタイルに「マリーン・セル」のライトモチーフである三日月のロゴを採用。進化系とも言えるバイカラーの「ハーフムーン」をリサイクルジャージーに施したものや、アイコニックな三日月をジャージーではなくカーフに全面プリントしたアイテムも登場する。ハイパフォーマンススポーツの要素を取り入れたストレッチジャージーをソックスブーツのアッパーに使用。全スタイルでジャージーとカーフレザーにラバーのディテールを組み合わせることで、質感と色合いにコントラストを持たせている。本質的にフェミニンであり、かつダイナミックなコレクションは、ウォーキング、ランニング、サイクリングなどの運動に合わせて設計されている。スポーツウェア、ストリートウェア、そしてハイファッションを融合した、センシュアルなハイブリッドデザインだ。

同コレクションは2月17日より順次、「ジミーチュウ」のフラッグシップストア、「ジミーチュウ」公式オンラインブティック、オンラインショップ「マイテレサ(My Theresa)」にて世界同時発売される。

READ MORE