FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「JO1」の「イヴ・サンローラン・ボーテ」アンバサダー就任会見の詳細レポートをメンバーの抱負や独自写真とともに一挙公開!

Jan 5, 2022.Tokyo, JP
VIEW2283
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「イヴ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT BEAUTE)」は、昨年からオフィシャルビューティーパートナーとして活躍していた「JO1」を、2022年から正式にブランドアンバサダーとして起用した。「JO1」は、サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、約3カ月にわたる熾烈な競争を繰り広げ、番組視聴者である「国民プロデューサー」によって101名の中から選ばれた11名で結成されたボーイズグループだ。1月5日に開催した就任発表会には、大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨が登壇した。

発表会では、「イヴ・サンローラン・ボーテ」の公式アンバサダーに就任した感想やお気に入りのアイテム、さらに新年の抱負を発表した。アンバサダー就任の感想として、川尻蓮は「肌の調子がいいとテンションがあがったり、綺麗にメイクしてもらったらやる気が出たりする。僕らの姿を見て真似して使っていただけるよう自分たちも楽しんで使っていきたい」とコメント。與那城奨は「ピュアショット ナイトセラム」を愛用アイテムとして紹介し、「JO1活動前から使用しており、一緒にお仕事ができると思っていなかった。肌がモチっとするし、メイクさんからも褒められます。」とコメントした。佐藤景瑚は「PRODUCE 101 JAPAN」の際、長時間の撮影で疲れた肌の色を隠せるアイテムをさがしていたなかで、お母さんと買い物中に出会ったアイテムとして、クッションファンデーションを紹介。「僕がサンローランさんに合ってたのか、サンローランさんが僕に合わせたのか」と佐藤らしい言い回しで会場の笑いを誘った。

また、最後には2022年のアンバサダーとしての新年の抱負をそれぞれ発表。寅年の河野純喜の抱負は「寅」。「年男として、かっこよく少しクールな河野純喜を見せていきたい。ガオー」とコメントした。木全翔也は、自身の手形で抱負を表現し「色々な目標を掴んでいきたいという思いを込めた」とコメント。佐藤からは「手が小さい、犬の手形かと思った」と突っ込まれるなど、メンバーの仲睦まじい様子が伺えた。大平は「広」、鶴房は「イケメンになる。」、川尻は「ハイブリッド」、豆原は「踊」、白岩は「魅」、與那城は「感謝」、佐藤は「愛」、川西は「輝」とメンバーそれぞれの個性あふれる抱負となった。

2022年1月14日に発売される「ヴォリュプテ」シリーズ待望の新作「ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ」のお披露目もされた。ヴォリューミーでキャンディのような唇に仕上げる新しいリップは、1月5日より公式オンラインブティック及び阪急うめだ本店にて先行発売中だ。

 

READ MORE