News
  • share with weibo

US|「ジョーダン ブランド」と「ナイキ」が「NBA オールスター2020」ユニフォーム発売 シカゴの交通機関カラーを採用

Feb 4, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW260
  • share with weibo
NBA オールスターゲームで使用するユニフォーム(上記の青・赤色のユニフォーム)以外は、日本未展開。

「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」は、2020年2月17日にイリノイ州シカゴで行われる「NBA オールスター2020」に合わせて、開催地シカゴの交通機関カラーを着想源としたユニフォームを発表した。「NBA オールスター2020」のコートに登場するユニフォームの数が、8つある路線数と一致することから、「ジョーダン ブランド」と「ナイキ(NIKE)」のデザイナーたちは、それぞれの路線の色をユニフォームのベースに使用、青と赤が「NBA オールスターゲーム」、紫とオレンジが「NBA ライジングスター」に、緑とピンクが「NBA オールスター セレブリティゲーム presented by Ruffles」に、そして茶色と黄色が「NBA ケアーズ スペシャル オリンピックス ユニファイド バスケットボールゲーム」にそれぞれ採用される。

「ジョーダン ブランド」の公式な「NBA オールスターゲーム」ユニフォームには、シンボルとしてシカゴの市旗の六芒星を繰り返し使いながら、シカゴをホームとするブルズが90年代に着用した通常とは色使いを反転させたジャージの雰囲気も取り込んでいる。ユニフォームに使用した六芒星のデザインは、NBAスターロゴを胸に用いた大胆なものから、微細なものまで含んでいる。例えば、ピンストライプの部分を近くで見ると小さな星が線の間に使われており、ショーツの脇パネルにも色々な色を使った星が見られる。数字や文字のシルバーサテンは古くなった電車の緑青をインスピレーションにしたものだ。

「ジョーダン ブランド」のスウィングマンジャージは2月1日より、NIKE.COM及び、一部のNIKE/JORDAN取り扱い専門店にて発売中。「ジョーダン ブランド」の「NBAオールスターゲーム2020」のユニフォームは、2月15日から選手が着用し、コートに登場する。

 

READ MORE