FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「メシカ」が国内初の展示会を開催 ケイト・モスとのコラボコレクションシリーズ36点を展示

Oct 19, 2021.松井香里Tokyo,Jp
VIEW46
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

パリのジュエリーブランド「メシカ(MESSIKA)」は10月14日、国内初のハイジュエリー展示会を游庵で開催し、ケイト・モス(Kate Moss)とのコラボコレクション「メシカ バイ ケイト モス(MESSIKA BY KATE MOSS)」から計9シリーズ、36点を展示した。

今回のコラボコレクションは、ブランド創設者のヴァレリー・メシカ(Valerie Messika)とケイト・モスの約1年の構想を経て実現。動きのあるストーンを使用したジュエリーから、フェザーのように軽やかで繊細なものなど、ルールにとらわれずに楽しめるようなアイテムが揃った。また、ケイト・モスのジュエリーボックスにインスパイアされた「アンチェインド ソウル(UNCHAINED SOUL)」や、彼女のイニシャル「K」をダイヤモンドが描くようにデザインされた「ツイステッド  ウェーブ(TWISTED WAVE)」など、アイコンとしてのケイト・モスをデザインに落とし込んだジュエリーも展示された。

「メシカ」は、ダイヤモンドディーラーを父に持つヴァレリー・メシカにより2005年に創設されたジュエリーブランド。ヨーロッパをはじめ、中東やアメリカでもブティックを展開し、日本では2020年11月に日本橋三越本店に、2021年8月に伊勢丹新宿店にブティックをオープン。先日行われたパリコレクションでは、テイラー・ヒル(Talor Hill)などの著名モデル達がランウェイを歩き、またカーディ・B(Cardi Bi)やトニ・ガーン(Toni Garrn)ら各界の著名人が訪れた。

READ MORE