FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「マリメッコ キオスキ」の世界初となるコンセプトストアがルクア大阪にオープン

Jan 22, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW221
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「マリメッコ(Marimekko)」は、ジェンダーレスなストリートウェア「マリメッコ キオスキ(Marimekko Kioski)」の世界初となるコンセプトストアを2月26日にルクア大阪にオープンする。

「マリメッコ キオスク」は、「オーセンティック(本物)であること」「クリエイティブに表現する勇気」「他人の真似はせず、自分らしく」をキーワードにキュレーションしたカプセルコレクション。「マリメッコ」のアイコン的プリントをウェアラブルなアイテムに落とし込んでいる。今回コンセプトストアのオープンを記念して、マリメッコ キオスキ大阪店限定カラーのウニッコ柄のワンポイントTシャツ(1万6,500円)を用意。100着のみの販売で、無くなり次第終了となる。また、限定Tシャツを購入した先着100名にブランド創立70周年を記念したロゴ柄ファブリックバッグをプレゼントする。

また、2021年プレスプリング エディションを「マリメッコ」公式オンラインストアとZOZOTOWNで1月29日に発売する。2021年プレスプリング エディションは、ウニッコとタサライタに加え、新たなアーカイブプリントを「マリメッコ キオスキ」に採用。タイムレスなデザインが魅力のロッキ柄が今シーズンのイージーなアイテムをキャンバスに、アブストラクトアートのように大胆に描かれている。「マリメッコ キオスキ」のプレスプリング キャンペーンでは、「プリント作りのアート」をキーワードに、フィンランド出身のアーティスト兼ディレクターのソフィア・オッコネン(Sofia Okkonen)がキャンペーンフィルムを制作。ヘルシンキにある「マリメッコ」のプリント工場で撮影し、動画のBGMに使われた大胆な音楽はオーストラリアのメルボルンを拠点に活動するプロデューサー兼DJのリバー・ヤーラ(River Yarra)が、工場の音を用いて制作した。

READ MORE