News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「鈴木マサルの傘 10周年」を表参道で開催 「アルテック 東京ストア」とのコラボアイテムも登場

Aug 27, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW81
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

テキスタイルデザイナーの鈴木マサルが手がける傘「OTTAIPINU UMBRELLA & PARASOL COLLECTION」のデビュー10周年を記念したイベント「鈴木マサルの傘 10周年」が、9月16日〜10月19日までインテリアブランド「アルテック(Artek)」の旗艦店であるアルテック 東京ストアとアルテック ウェブストアで開催される。

2011年にデビューした「OTTAIPINU UMBRELLA & PARASOL COLLECTION」の新作発表に合わせて2012年から毎年開催してきた「鈴木マサルの傘展」では、傘をメインにテキスタイル作品やライフスタイルアイテムを展開。絶妙な色使いと大胆な構図がもたらす、ユーモア溢れる不思議な世界観を表現してきた。これまでは梅雨前に開催していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、今年は9月16日からオンラインと同時に開催することになった。

鈴木はフィンランドのテキスタイルや家具や食器をはじめとする北欧のライフスタイルから大きく影響を受けており、「アルテック」の家具をインテリアに取り入れることで、北欧独特の大きな色柄のプリントファブリックが映えると考え、過去の展覧会でも度々使用してきた。今回のイベントでは、「アルテック」の代名詞でもある椅子の「スツール 60」や「115 傘立て」とのコラボレーションも実現。「スツール 60」の既存のカラーバリエーションから鈴木が4色の座面を選び、バーチ材のナチュラルな脚に大胆で鮮やかなカラーを施した。スツールは40脚限定、傘立ては3色展開の受注生産で販売される。

READ MORE