FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ジャパン・ハウス ロンドンが「NUNO」の須藤玲子の展覧会を開催

May 13, 2021.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW52
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ジャパン・ハウス ロンドンは、「NUNO」のディレクターで世界的なテキスタイルデザイナーの須藤玲子の作品とその創作プロセスを紹介する展覧会「須藤玲子:NUNOの布づくり」を開催する。グランドフロアはすでに先行公開しており、5月17日からは地下ギャラリーも含めた全展示が公開となる。本展では須藤玲子の代表的なテキスタイルの製造過程を音と映像で再現する齋藤精一のアート・ディレクションによるインスタレーションのほか、デザインの原画やテキスタイルの原料やプロトタイプなどが展示される。

また、本展では全国の工場や職人とのコラボレーションにより日本の繊維産業の可能性を広げ、サステイナブルな生産モデルを構築してきた須藤玲子の取組みに焦点をあてており、その関連イベントとして制作の現場をライブでつなぎ、「NUNO」の布づくりの裏側を紹介する「オンライン生産者訪問」を開催する。第1弾は5月14日に開催し、日本有数の絹織物の産地であり丹後ちりめんの生産で知られる京丹後の田勇機業の田茂井勇人・代表が登壇する。第2弾は6月4日に開催し、須藤玲子とともにシルクの廃物利用である「きびそ」をつかった革新的な布づくりをおこなう山形の鶴岡シルクの大和匡輔・代表が登壇する。

ライブイベント当日は、現地とジャパン・ハウス ロンドンのサイモン・ライト企画局長、東京の「NUNO」の須藤玲子をオンラインでつなぎ、トークセッションを交えて工場の様子を案内する。「NUNO」が製作の現場をこうしたかたちで公開するのは初の試みだ。作り手との対話を通じて革新的な布づくりを続ける須藤玲子のクリエイションに迫る貴重な機会となる。

各イベントにはZOOMでの参加、もしくはジャパン・ハウス ロンドンのFacebook、YouTube、LinkedInでのライヴストリーミング、後日公開されるアーカイブでの視聴が可能(ZOOMのみ事前予約制/無料)。

READ MORE