FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ナイキ」が差別やいじめを受ける10代の女子に着目したフィルム「動かしつづける。自分を。未来を。」公開

Nov 28, 2020.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW1799
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ナイキ(NIKE)」は、新フィルム「動かしつづける。自分を。未来を。」を公開した。これまで「ナイキ」は女性アスリートを称え、スポーツに参加する女性のための状況改善を支援してきたが、今回発表したフィルムもまさに女性アスリートを鼓舞するような内容だ。

ストーリーは、実在のアスリートの証言をもとに作られており、差別やいじめを受ける3人の10代の女子の物語に着目している。彼女達がサッカーを通じて繋がり、自信や楽しさを手に入れながらそれぞれの悩みを一緒に乗り越えていき、スポーツに対する情熱を支えに困難の中でも自らの能力をフルに発揮させていく。新フィルム「動かしつづける。自分を。未来を。」は、スポーツが若者に自らが望む変化を生み出し、未来を形成していく力をもたらす様子を力強く描いている。

「ナイキは長い間、少数派の声に耳を傾け、支え、ナイキの価値観にかなう大義のために意見を述べてきました。スポーツにはより良い世界がどのようなものかを示し、人々の力を合わせ、それぞれのコミュニティでの行動を促す力があると考えています」とナイキジャパンのシニアマーケティングディレクターのバーバラ・ギネは述べている。

フィルムには、プロサッカープレイヤーの永里優季選手とプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手も特別出演している。スポーツを舞台に社会問題を訴えてきたことでも知られる大坂選手は、引き続き「ナイキ」とも協力し、誰もが自信を持ち、受け入れられ、明るさを感じる未来を作るために、日本の若者が行動を起こすことを促していく。

フィルム「動かしつづける。自分を。未来を。」はこちらより。

READ MORE