FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

スケートボード米国代表ナイジャ・ヒューストン選手が今度は選手村内で華麗にトリックを披露

Jul 31, 2021.松井香里Tokyo, JP
VIEW1344
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
華麗なトリックを披露するナイジャ・ヒューストン選手(ナイジャ・ヒューストン選手の公式インスタグラムより)

東京オリンピック2020から新種目に追加されたスケートボード。7月25日から26日にかけて開催されたストリートでは、今までのオリンピックにはなかった競技の雰囲気に注目が集まった。そのストリート男子に出場したアメリカ代表のナイジャ・ヒューストン(Nyjah Huston)選手が28日、自身のインスタグラムで「VIllage Vibes」というキャプションとともに選手村内での様子を投稿した。

投稿された動画には、ナイジャ・ヒューストン選手が選手村内の人が少ないエリアをスケートボードで颯爽と駆け抜け、坂や段差を使ってトリックを決める様子が写っている。また、ともにストリートに出場した同じくアメリカ代表のジェイク・イラーディ(Jake Ilardi)選手や、ブラジル代表のフェリペ・グスタボ(Felipe Gustavo)選手との写真も投稿され、競うことよりも楽しむことを重視するスケートボードのカルチャーが感じられた。

ナイジャ・ヒューストン選手は1994年生まれの26歳。アメリカ出身で祖母が日本人と、そのルーツは日本とも関わりが深い。5歳でスケートボードを始め、7歳で最初のスポンサーと契約、11歳で世界最高峰のXゲームズに出場するなど、名実ともに世界トップクラスのスケーター。現段階では6度の世界チャンピオンに輝き、13回エックスゲームズのゴールドメダルを獲得している。インスタグラムのフォロワーは7月29日時点で494万人。

READ MORE