FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

真っ赤な岩のモニュメントも!「クラウドモンスター」を始め最新スニーカーがラインアップされた旗艦店「On Tokyo」が原宿にオープン

Mar 31, 2022.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW147
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「On Tokyo」の店内(PHOTO:SEVENTIE TWO)

スイスのパフォーマンスブランド「On(オン)」は、東京・原宿のキャットストリートに世界で2店舗目となる直営店「On Tokyo(オン トーキョー)」を4月8日にオープンする。「On」は、2010年1月にスイスのチューリヒで、キャスパー・コペッティ(Caspar Coppetti)、オリヴィエ・ベルンハルド(Olivier Bernhard)、デビッド・アレマン(David Allemann)によって創設されたブランドだ。2014年に抜群のクッション性を持つ世界最軽量クラスのランニングシューズ「Cloud(クラウド)」を発売し、ブランドの立ち上げからわずか12年で世界60カ国以上で展開している。2019年には世界的なテニスプレーヤーのロジャー・フェデラー(Roger Federer)が共同起業家として参画し、共同開発したシューズの第1弾「The ROGER Centre Court」を発売、さらに「ロエベ(LOEWE)」とのカプセルコレクションを発売するなど、その領域を拡大している。

「On Tokyo」は、1階と2階の2フロアで構成されており、1階ではアパレル、2階ではシューズを販売する。どちらも現行のすべての商品がラインアップされている。1階には今シーズンのキーカラーであるアサイーカラーのアパレルが並んでおり、通気性と軽さを特徴としたトップスやパンツがラインアップしている。2階にはシューウォールと呼ばれる壁に、「Cloud」を始め、3月31日に発売を開始した「Cloud Monster(クラウドモンスター)」など約50種類のシューズが壁一面に整然と配置されている。各フロアはそれぞれ約150平方メートルあり、「プレミアムな感覚を体験いただきたい思いから、ゆったりとした作りにしました」という通り、ハンガーラックなどは一切置いておらず、贅沢なフロア構成になっている。さらに、赤外線で人の動きに反応するフィールドセンサーが埋め込まれたインタラクティブなモニターが設置されており、ちょっとしたアクティビティを楽しむことができる。

実は、「On Tokyo」には地下1階もあり、ここでは商品の販売はせず、創業の地であるスイス・アルプスのエンガディン渓谷にある実際の岩を3Dスキャンして製作したモニュメントが展示されている。赤くライティングされたこのモニュメントは、ニューヨークの「On NY City」と「On Tokyo」の2店舗のみに展示されている。今回の「On Tokyo」のオープンに際して、デビッド・アレマンは「原宿はランニングカルチャーが根付いており、さらにはライフスタイルとファッションが交わる街。またユースカルチャーやコミュニティーも活発なので、日本でのフラッグシップストアにふさわしい場所として原宿を選びました。日本のコミュニティーは結びつきも強く、アジアはビジネスの成長スピードが非常に速いので、近い将来ブランドの大きな柱になると期待しています」とコメントしている。

■「On Tokyo(オン トーキョー)」概要
オープン日:2022年4月8日(金)
住所:東京都渋谷区神宮前5-17-27
営業時間:11:00〜19:00(不定休)
電話番号:03-6450-6995

READ MORE