News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「プーマ」初の厚底ランニングシューズ「ディヴィエイト ニトロ」 アイスダンスの髙橋大輔選手もサポート

Jan 29, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW3655
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「プーマ」は、最新のフォームテクノロジー「ニトロ フォーム(NITRO FOAM)」とカーボンプレートを搭載した、初の厚底ランニングシューズ「ディヴィエイト ニトロ(DEVIATE NITRO)」を発売する。「誰でも履けるみんなの厚底」をコンセプトにした、ビギナーランナーからトップ選手まで長時間のランニング効率を向上させるよう設計されたランニングシューズだ。これまでの経験と技術を結集した、「プーマ」史上最高のパフォーマンスを叶える、今までにない全く新しいランニングシューズだ。

「ディヴィエイト ニトロ」は、非常に柔らかい「ニトロ フォーム」をフルレングスで使用しており、最大40%の衝撃を吸収する超ソフトなシューズだ。しっかり沈み込みながら高反発を実現している。元マラソン選手で陸上競技指導者の瀬古利彦氏は、「ディヴィエイト ニトロ」を履いた印象について、「今までのプーマのシューズとちょっと違うなと思った。自然と足が前に行き、柔らかいけど沈み込む感じで長く走って疲れない。足を包むようで、全く窮屈じゃない。雨の中でも楽しく安全に走れる、そんなグリップだね。プーマの最高傑作でしょう。このシューズの燃えるような情熱の色、よしがんばろうと思わせる」と語っている。

さらに、「ディヴィエイト ニトロ」は、ランナーだけではなく、さまざまなアスリートの足元もケアしている。アイスダンスの髙橋大輔選手もそのひとりだ。髙橋大輔選手はインタビュー動画の中で、「非常に軽いですね。男の子でも女の子でもどちらでも履ける色。見た目より柔らかくて、めちゃくちゃ反発して足運びがよかった。体が勝手に動いてくれる感じですね。これを履いてトレーニングをがんばっていきたいなと思います」と、コメントしている。

なお、「ディヴィエイト ニトロ」は、主要駅伝出場を目指す伝統校の立教大学とパートナーシップを締結し、同じチャレンジャーとしてランニング市場に新風を巻き起こしていく。2月18日よりプーマストア、プーマオンラインストア、全国の取扱店舗で一斉発売する。

READ MORE