FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

マスク外した顔にガッカリする前に!ヤーマンの「メディリフト フェイスリフトマスク」で顔を引き上げよう

Feb 10, 2021.小泉恵里Tokyo, JP
VIEW306
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
メディリフト フェイスリフトマスク 3,000円(税抜) あご下からフェイスラインをしっかり持ち上げる二重レイヤー構造。物理的に顔を引き上げるために二重レイヤー構造を搭載。

毎日マスクをつけて人と会わずにいると表情筋がサボって口角が下がり、それにしたがってほうれい線も深く刻まれてしまうのだとか。そんな事態になる前に、表情筋を鍛えて顔たるみを予防しなければ。つけるだけで、すっきりとしたフェイスラインが手に入るというマスクの噂を聞いて、早速試してみた。

美容機器の製造販売を行うヤーマンが、リフトケア機能を搭載したマスク「メディリフト フェイスリフトマスク」を昨年12月に発売して以来、マスク下でこっそり筋トレができると話題になっているようだ。見た目はかっこいい布マスクなので、つけたまま外出できるところがポイントだ。

普段マスクを装着し続けていると運動不足がちな表情筋に着目し、あご下から物理的に顔を持ち上げてくれるこのマスク。マスクのインナー部でフェイスラインをしっかり持ち上げ、アウター部が飛沫を防止。正面からだけでなく、横から見た顔の表情もすっきりイメージに導いてくれる。通常のマスクと見た目がほとんど変わらないので、外出時も自然に身に着けられるデザインが嬉しい。

早速、1週間試してみた。リモートワーク中の今、毎日約3時間室内で、約2時間外出時に着用した。1日目、あごをしっかり持ち上げる強いリフト感に驚いた。外した後は少々筋肉痛を覚えるほどのトレーニング達成感。頰がヒクヒクするような感覚が新鮮だった。2日目以降はあごからしっかり持ち上げる感じにも慣れ、マスク下で常に口角が上がっている状態。こっそり、ずっとマスク下は笑顔でいるのだから、きっと目元もぱっちりしていたのだろう。口角を物理的に上げることによって、なぜか気分的にも上がるのが不思議。そして1週間後。正面の見た目は大した変化はないと思ったが、横顔が明らかに違う。あご下のもたつきが取れて、若干小顔になったような。明るくなったような?

そういえば、頰がヒクヒクなるくらいの筋肉痛は、マスクによってあご下から常に顔が持ち上げられ、マスクの中でも笑顔でいることが増えたせいかと思われる。これは、じんわり表情筋が鍛えられている証拠だ。表情筋を鍛えることで、血行促進して肌の活性化をはかりシミもたるみも予防してくれると、以前美顔鍼の先生に伺ったことがある。これはいいことづくめではないか。普通のウレタンマスクのように手洗いして何度でも着用でき、家でも外でもただつけるだけで筋トレできるのだから、使わない手はない。ヤーマンの公式通販サイトで販売中、ぜひチェックしてみよう。

内側にあるインナー部分であご下からフェイスラインをしっかち上にホールド
インナー部を耳にかけてフェイスラインをホールド

アウター部を上から被せて飛沫を防止する

横から見るとこんな感じ

***このコーナーは、ビューティー偏差値低めの40代ライターが、遅ればせながら自らのエイジングサインに直面し、コスメ、健康食品、エクササイズなどを手探りで体験レポートする連載です。ナチュラルで体に優しい美容法を中心に、時には最新科学も取り入れながら、頑張りすぎない美しさを追求していきます。

READ MORE