Brand New
  • share with weibo

China|Ralph Laurenが中国初の公式ショッピングサイトをオープン、WeChatなどSNS戦略を推進

Sep 7, 2018.戴 思斉Shang Hai, CN
VIEW122
  • share with weibo

「Ralph Lauren(ラルフローレン)」はニューヨーク·セントラルパークでブランド設立50周年を祝った際に、9月5日に中国初の公式オンライン旗艦店をオープンしたと発表した。同オンラインショップ(ralphlauren.cn)では、「Ralph Lauren」の2つのラグジュアリーラインであるメンズの「Ralph Lauren Purple Label(ラルフローレン パープルレーベル)」とウィメンズの「Ralph Lauren Collection(ラルフローレン コレクション)」、そしてクラシックラインの「Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフローレン)」もラインナップ。シューズやバッグ、スーツケース、レザーアイテムに加えてラルフ・ローレン(Ralph Lauren)の妻の名前に由来するシグネチャーバッグ「Ricky Bag(リッキー バッグ)」も取り扱う。オンラインショップはウェブサイトを訪れる顧客中心のサービスを提供するほか、モバイルからのアクセスを好む中国のハイエンド層にも満足度の高いサービスを提供し、現在までで月間アクティブユーザー数は約10億人にまで昇る。中国で最も使われているSNS「WeChat(ウィチャット)」にも公式アカウントとインショップを開設した。

気品のあるクラシックなスタイルで知られるラルフ・ローレンは、1967年のブランド設立以来、独自のエレガントなデザインでアメリカン・スタイルを定義し、非の打ち所のない品質と細部へのこだわりで、非凡なブランド精神を打ち立てた人物。彼は今回中国に公式オンライン旗艦店を設立し、ブランドが引き続きSNS戦略を推進することを期待しているという。中国最大のSNS「WeChat」を活用することで中国の若い消費者に魅力を伝え、ファンを増やす狙いもあるだろう。中国ではモバイル端末があらゆる場面で使われているという現状も把握し、「Wechat」に開設したストアでは「Wechat」と「Alipay(アリペイ)」を使った決済機能を導入、チャット機能を使って顧客は直接スタッフとやり取りすることもできる。オンラインショップではオンライン上だけでなく、中国内で展開する実店舗での無料の商品交換と返品も受け付ける。あらゆるサービスを充実させることで、顧客にオンライン・オフラインの双方で効率よく楽しめる購買体験を提供する。

READ MORE