FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ナイキ」が東京のためにデザインした「ローディシアス」カラーのスニーカーを発売

Jul 2, 2021.酒井響子Tokyo, JP
VIEW5241
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ナイキ(NIKE)」は、東京のためにデザインした「ローディシアス」カラーパレットのコレクションを7月11日より「ナイキ」公式オンラインストア及び一部取り扱い店舗にて発売する。

「Rawdacious(ローディシアス)」は、「Raw(生の) Audaciousness(大胆さ)」という2つの言葉を組み合わせた言葉で、スポーツを通じて再開した時の高揚感を暖色系のパレットで象徴し、新たな時の始まりを意味している。「ナイキ」のデザイナーたちは、過去の歴史的な前例として、世界的な出来事によってスポーツが中断されたことと、勝利的に復帰した精神に注目しこのカラーパレットを生み出したという。「ローディシアス」カラーは、白を基調にピンクブラスト、トータルオレンジ、ブライトクリムゾンを組み合わせたカラーパレットで、「ナイキ」がフットウエアを通じて奥深い文化的、心理的、感情的な価値を表現しようとする一例だ。

白を基調とした今回のパレットは、白は可視光線の全ての色が混ざり合うことでできていることから、結束と原点回帰を表現。色の配置によって、フットウエアのテクニカルな要素に注目されるようにしている。例えば、ナイキランニングの陸上競技用の「ナイキ エア ズーム マックスフライ」のズームエアバッグは、ボルトグリーンで強調され、オレンジのディテールで縁取られ、強調されている。「ナイキ」のヴァイスプレジデントで、セントラルカラープロダクトデザイン担当のマーサ・ムーア(Martha Moore)は、「芸術における余白のように、白のスペースを作ることによって他のパーツが引き立つ」と話している。

さらにムーアは「色には、それを見ることで反応を生み出すと同時に何かを考えさせる微妙な力があります。人は、色を見るとすぐに、ある一定の反応をします。また色を見ることで過去を思い出したり、他の何かや、思い出との繋がりを想起することもあります。今回のパレットをデザインする時に、パレット全体でこの時期を最も象徴する色合いを考えました」と語っている。

READ MORE