News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「リーボック」から植物由来素材を原料とした高機能性ランニングシューズ登場

Sep 29, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW70
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「リーボック(Reebok)」は、植物由来素材を原料とするブランド初の高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」(1万5,400円)を、10月1日に発売する。リーボック公式オンラインショップとリーボックストア渋谷、リーボックフィットハブで販売する。

「リーボック」は、フィットネスブランドとしてより健康な地球を目指し、商品原材料からバージンポリエステルの使用を削減する取り組みを始めており、2024年までにすべての原材料からバージンポリエステルを完全に排除することを目標として掲げている。「FOREVER FLOATRIDE GROW」は、環境問題に配慮したサステイナブルな商品開発の新たな取り組みの一環として誕生。今後は「FOREVER FLOATRIDE GROW」にとどまらず、その他の「リーボック」を代表するモデルにも植物由来素材を使用したエディションが登場する予定だという。

「FOREVER FLOATRIDE GROW」は、ミッドソールに積水化成品工業が開発した、高いクッション性と反発性をもたらす植物由来の「エラスティルBIO」という素材を採用している。このミッドソールは持続可能な方法で栽培された唐胡麻から製造され、オリジナルモデルである「FOREVER FLOATRIDE ENERGY 2」と同等のパフォーマンス性と軽量クッション性を維持することを実現した。また、アッパーは、サステイナブルな形で調達され最後には自然に生分解されるユーカリを原料としており、丈夫さと通気性を兼ね備えている。ソックライナーには侵入性増殖が進む地域から収穫されたブルーム藻を用いており、天然の防臭効果も持つ。アウトソールは柔軟性、耐久性、反発力に富んだ天然ゴムを使用し、一般的な高機能性フットウェアに採用されている石油ベースのゴムではなく、天然ゴムの木からサステイナブルな方法で調達されている。

READ MORE