FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

元[Alexandros]ドラマーの庄村聡泰が手掛けるファッションプロジェクト「SNACK NGL」がスタート

Mar 22, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW89
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ロックバンド[Alexandros]を3月21日に勇退したドラマーの庄村聡泰が手がけるファッションプロジェクト「スナック エヌジーエル(SNACK NGL)」がスタートした。

「スナック エヌジーエル」は、パブ&ファッションスナックをテーマに、現代のライフタイルをスナックから提案していくプロジェクト。庄村の他に、雑誌や広告、ミュージシャン、女優のスタイリングを中心に活動する有本祐輔、大手有名セレクトショップへ13年在籍後退社し、経験や知識、人脈を活かして幅広いジャンルのものづくりに精通している近藤良太、大手有名セレクトショップに15年間在籍後独立し、自身初となる新規ショップ「el mare」の立ち上げも予定している山口翼が集まり、渋谷区の北の果て“北渋(ホクシブ)”からものづくりを開始した。「継(ツギ)ったり包(バオ)ったり」を中心シリーズに、意識の高いイメージがある“サスティナブル”を、「スナック エヌジーエル」流にアレンジして解釈。 工業製品的に量産したものではなく、さまざまな工程に手をかけたアパレルやラグ、キャンドル、海外から輸入したヴィンテージのポスターなど、自分たちが本当に発信したい遊び心ある商品を展開する。

“継ぎ接ぎ”の継ぐという字がテーマの「継る」は、継続の継であり、過去にあったものを次の世代に受け継いでいくという意味で捉えた語だという。「包る」は、中国語で包むという意味を持つバオがテーマになっており、アパレルやグッズだけでなく、人や場所、関係性を含めて新たな場所として包み込んでいくという語。古着のデニムを使用したティッシュケースなど、生活雑貨を包んでいくというシリーズも登場する。

ECサイトはオープンしており、今後は月末の土日のみや、週末の昼間などに限定して、スナックを間借りしたアパレルショップをオープンする予定。他の地域にある同様の空気を持った土地とコラボレーションし、各地のスナックなどでポップアップを開催する構想もあるという。

READ MORE