FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂研究所の「フィボナ」が香りを言語化するAI「カオリウム」をS/PARK内に設置し体験イベントを開催

Jul 14, 2022.三澤さくらTokyo, JP
VIEW80
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂研究所が主導しているオープンイノベーションプログラムの「フィボナ(fibona)」は、セントマティックによって開発された新たな香り体験システム「カオリウム(KAORIUM)」を体験できるイベント「資生堂 fibona × セントマティック EXPERIENCE KAORIUM 2022」を7月14日から10月14日まで開催する。体験デバイスは資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)の1階に設置される。

セントマティックが開発した「カオリウム」は香りと言葉を変換するAIシステムだ。これまでは「香り」を表現する明確な指標は存在せず、個人の感覚の違いから他者にそのイメージを伝えることも難しかった。セントマティックの「カオリウム」は嗅覚のデジタライゼーションに踏み込み、言葉と香りをつなぐことで様々なビジネス上での香りの活用可能性を示した。

体験イベントでは実際にデバイスを触りながら、20種類の資生堂香料から好みの香りを選ぶことができる。はじめに好きな香りを選びコースターに置くと、その印象を表すさまざまな言葉が画面に現れる。それらの言葉の中から自分が求めるイメージにもっとも近い言葉を選択すると、その言葉に紐づく香りが導き出される。この動作を繰り返して香りと言葉を選んでいくことでAIが傾向を分析して最後にその印象を一つの情景的なキーワードとして導き出す。こうした体験を通して、客は自分の好きな香りの軸を言語化し、フレグランス選びに役立てることができる。

READ MORE