FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

日本人初のマスターズ制覇の松山英樹プロ 使用ギアやウェアにも注目が集まる

Apr 20, 2021.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW76
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

メジャーに挑戦してから10年、プロゴルファーの松山英樹が日本人選手として初となる2021年マスターズトーナメントの制覇という偉業を達成した。今年4月11日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで最終日が行われ、4打差の首位で出た松山英樹が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで大会制覇を果たした。日本中にこの快挙が報じられ、松山英樹プロが着用していたウェアやシューズ、ギアにも注目が集まっている。

大会当日に着用したポロシャツは「スリクソン バイ デサント(SRIXON BY DESCENTE)」で、4月13日から25日まで松山英樹プロ直筆サイン入りウェアまたはキャップをプレゼントする「マスターズ優勝キャンペーン」を開催している。足元は「アシックス (asics)」で、グローブは「スリクソン GGG-S029」、ヘッドウェアは「スリクソン SMH1130X」だ。ギアではドライバーは「スリクソン ZX5(プロトタイプ)」、大会当日も見事なアイアンショットを披露したアイアンは「スリクソン Z-FORGED」だった。ウェッジは「クリーブランド RTX4 FORGED」を使用している。キャディバッグは「スリクソン GGC-S169L」で、今年に入って使い始めたという「NEW スリクソン Z-STAR XV」のボールは当日もジャストフィットしていたようだ。

メジャー制覇を達成した松山英樹プロだが、今年のツアーはまだ始まったばかりだ。プレイはもちろんだが、ウェアやギアにも注目が集まる。

READ MORE