News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アディダス オリジナルス」がサステナブルに生まれ変わった「スタンスミス」を発売

Dec 14, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW90
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」は、リサイクル素材を使用した「スタンスミス」を12月14日に発売した。

「スタンスミス」は、テニスシューズ「ハイレット」に伝説的テニスプレイヤーであるスタン・スミス(Stan Smith)の名を冠して誕生した。当時世界最高のテニスシューズであることを意図して設計され、レザーアッパーの両側にスリーストライプスの代わりに通気孔を配置。色付きのヒールタブにリンクする象徴的な緑のカラーで、シュータンにはスタン・スミス自身の象徴的な肖像画が刻まれている。

今回、「アディダス(adidas)」が掲げるサステナビリティへのコミットメント「END PLASTIC WASTE」に向けて、2024年までに「アディダス」の全ての製品においてバージンポリエステルの使用を廃止し、リサイクルポリエステルを使用するという目標の達成に向けて、動物由来の素材を使用しないヴィーガン設計のサステナブルな「スタンスミス」に生まれ変わった。アイコニックなシルエットはそのままに、高機能リサイクル素材「PRIMEGREEN」を採用。アッパーには、レザーと同じ外観と手触りの日本製のプレミアムPUコーティングを施したリサイクルポリエステルを使用している。アウトソールには天然ラバーやリサイクルラバーを使用し、レースやライニング、インソールなどもすべてリサイクル素材で作られている。見た目を変えることではなく、中身を変えることを目指して製作された。

READ MORE