News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「ザ・ノースフェイス パープルレーベル」2020年秋冬コレクション 環境に負荷を与えない素材を使用

Jul 7, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW481
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」の「ナナミカ(nanamica)」による別注ライン「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)」が、2020年秋冬コレクションを発表した。

2020年秋冬コレクションのテーマは「WHISPER OF THE WIND」。自然から離れた場所で生活していても、風のささやきを感じられるようなウェアが登場する。ウェアを通して自然との向き合い方や、日々変わりゆく地球のことを考えるきっかけにしてもらえればとの想いが込められている。

2020年秋冬コレクションでは、モノづくりを通して変わっていく自然環境とどう向き合っていくか、そのメッセージの第一歩として、できる限り環境に負荷を与えない素材を使用している。オーガニックコットンや原料として再利用できるウール素材、リサイクル原料のナイロンや再生可能なポリエステル素材に変更して製作。毎シーズン継続してリリースしている、COTTON×COOLMAX®ストレッチデニムやストレッチツイルパンツもオーガニックコットンにリニューアルし、特別なオーガニックコットン100%の生地を、コールドプレスジュースを作る過程で出た絞りカスで染めたTシャツもラインアップする。また、朝晩の気温の寒暖差や突然の天候変動などの異常気象にも対応できるよう、防水透湿性や防風性、衣服内の体温コントロールに優れた機能性や夜間の安全性など、機能性や汎用性も追求している。

人気アイテムのダウンアウターの中綿を、光電子®ダウンへリニューアルする。国内屈指の羽毛素材メーカー「河田フェザー」で精製されるCLEAN DOWNを採用しているが、そのCLEAN DOWNに自らの体温域で効率よく遠赤外線を輻射して、身体を温める光電子®をミックスさせた光電子®ダウンにすることで、急激な温度変化のある環境下で最大の機能を発揮するという。

READ MORE