Brand New
  • share with weibo

Japan|浅野忠信のドローイング展「TADANOBU ASANO 3634展」が開催中

Dec 18, 2018.高村 学Tokyo, JP
VIEW16
  • share with weibo

浅野忠信のドローイング展「TADANOBU ASANO 3634展」がワタリウム美術館で開催中だ。1990年に映画「バタアシ金魚」でスクリーンデビューした浅野忠信は、俳優業のかたわらバンド活動やDJなど音楽家としても活躍している。

チャン・ツィイーが主演し、2013年に中国で撮影された映画「羅曼蔕克消亡史」の長い待ち時間がきかっけとなり、ドローイングを描き始めたという浅野忠信。「キャンピングカーの中で予定表の裏にがむしゃらに落書きを始めていた。その落書きこそが、今回の展覧会の始まり」と言い、以来この5年間で描きためた枚数は3634枚にも及ぶという。今回の展覧会ではそのうちの700点が出展され、ハードロック調なものから、デッサン、落書き、漫画や抽象など多岐にわたっている。本展は2019年3月31日まで開催される。

READ MORE