FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ニューバランス」がボストン本社の向かいに所属アスリートのためのスタジアムをオープン 陸上トラックやリサーチラボを完備

Apr 19, 2022.岡本湧Tokyo, JP
VIEW47
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

米国のボストンランディングにグローバル本社を構える「ニューバランス(New Balance)」は4月13日、「ニューバランス」のアスリートたちが年間を通じてトレーニングや競技を行う事ができる施設「The TRACK at New Balance」を立ち上げた。「ニューバランス」は、2022年からメイドインUSAコレクションのクリエイティブディレクターにニューヨーク発のブランド「エメ レオン ドレ(Aimé Leon Dore)」の創業者でオーナーのテディ・サンティス(Teddy Santis)の就任や、シカゴ発のブランド「ジョー・フレッシュグッズ(Joe Freshgoods)」の創設者のジョー・ロビンソン(Joe Robinson)をクリエイティブディレクターに迎えたキャンペーン「Conversation Amongst Us(わたしたちの間の会話)」なども記憶に新しい。

グランドオープニングイベントでは、ブランドアンバサダーであるジャック・ハーロウ(Jack Harlow)によるスペシャルパフォーマンス、女優のストーム・リード(Storm Reid)などが登場し、スポーツと文化が交差する「The TRACK at New Balance」のオープンを祝福した。ブランドのイメージカラーである赤と白で統一されたこの施設には、様々なスポーツに対応するためモデルチェンジが可能な陸上トラックや「ニューバランス」のプロダクトの企画開発を行うスポーツリサーチラボがある。そして、幅約18mのステージ、30以上のスピーカーを設置したニューイングランド最大の音楽ホール「Roadrunner」、施設内で行われるアクションを一望できるビアホール「Broken Records」が完備されている。

「ニューバランス」の社長兼CEOであるジョー・プレストンは次のようにコメントしている。「50年前の今月、現会長であるジム・デービスはニューバランス社を買収しました。そして妻のアンと共に我々のブランドを、独自の企業文化を維持しながら今日のグローバルアスレチックリーダーへと導きました。また、ボストンのグローバル本社周辺を、アスリートやファンのための活気あるワールドクラスのスポーツハブに完全に変えるという大胆なビジョンを持っており、その一環として『The TRACK at New Balance』をオープンしました。あらゆる能力のアスリートに最適なトレーニングとパフォーマンスの場を提供すると同時に、最先端のニューバランススポーツリサーチラボを通して、『ニューバランス』のイノベーションとテクノロジーを加速させます」。

創業115年の歴史に置いてなおも進化を続け、時代を牽引する「ニューバランス」。最新のプロダクツはもちろん、スポーツにおける研究・開発にも注目していきたい。

 

 

READ MORE