News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Global|「ユニクロ」ヒートテックグローバルキャンペーン第2弾 インスタで「ThermoArt」フィルター公開

Oct 29, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW128
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ユニクロ(UNIQLO)」は、ヒートテックグローバルキャンペーン「We Stay Warm Together」の第2弾として、ヒートテックの暖かさから着想を得て、サーモグラフィーを再定義したアート「ThermoArt」を発表した。

「ThermoArt」は、世界を代表するアーティストの真鍋大度、Raven Kwok、Akini Jingとコラボレーションし、熱の分布を視覚的に表現するサーモグラフィーを再定義した革新的なアートだ。第1弾は真鍋大度、Raven Kwok/Akini Jingが作成したスペシャルムービーを公開。第2弾となる今回は、世界中の人々が「ThermoArt」をインスタグラム上で体験できるARフィルターを10月30日に公開する。フィルター機能を使ってユーザー自身の動きに合わせて「ThermoArt」のグラフィックが出現し、アートとテクノロジーが融合した動画や写真を撮影することができる。

真鍋は「人が持つ体温、赤外線放射エネルギーは赤外線検出するサーモカメラなどを通じてはじめて見ることができるものですが、その第一印象は空港などでも多くの人が感じるであろう、その生々しさです。取られている側からすると、あまり気持ちが良くは感じないデータを映像表現に使うことは出来ないかというお題を頂き、今回体温をモーショングラフィックに変換するソフトウェアを開発しました。開発の過程では温度というメディウムの扱いづらさや面白さを数多く体験しましたが、通常のカラーカメラだけでは表現出来ないインタラクションを作ることが出来たと思います」とコメント。ヒートテックの機能性を、アートやテクノロジーを駆使して「あたたかくいること」の大切さを伝え、ヒートテックの革新性をグローバルへ発信していく。

READ MORE