FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ユニクロ」が新「エアリズム 3Dマスク」を来年1月1日から発売 シームレス設計でフェイスラインが美しくシャープに見える

Nov 30, 2021.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW1539
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ユニクロ(UNIQLO)」は、「エアリズムマスク」に性能と立体美を両立させた3Dシームレス設計の「エアリズム3Dマスク」を、2022年1月1日から発売する。デザインは吉岡徳仁氏が手掛ける。従来の「エアリズムマスク」とは異なり、しっかりとした立体感とシャープなフェイスラインが特徴で、マスクをスタイリッシュに身につけることができるデザイン性の高い商品となっている。

エアリズムと不織布フィルターの3層構造や、ネットに入れて洗濯機で洗える点は既存の「エアリズムマスク」と同様。今回新たに、ハリ感を加えるボンディングテクノロジーと、接着によるシームレス製法が採用されている。肌への摩擦感が軽減され、型崩れしにくく、立体構造により口元への張り付きが抑えられ、呼吸や会話をしやすい設計となっている。更に、シームレス製法はスッキリとした美しいフェイスラインを実現する。イヤーアジャスターが付き、自分に合ったフィット具合を調整できる。芯地が使用されているため、洗濯後でも立体構造が保たれるようになっている。従来の「エアリズムマスク」を使いにくいと感じた人でも使いやすい設計になっているようだ。カラーは、白、ネイビー、ピンクの3色展開。1パック2枚入りで、価格は990円。

「エアリズム3Dマスク」は、吉岡徳仁氏とともに100パターン以上の試作を繰り返し完成した。吉岡徳仁氏は、デザインや建築、現代美術において活躍するデザイナー兼アーティスト。これまで、世界の様々な著名なアワードを受賞しており、「イッセイ ミヤケ(Issey Miyake)」をはじめ、「スワロフスキー(Swarovski)」「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」「エルメス(Hermès)」などの世界中のブランドとコラボレーションしてきた。吉岡徳仁氏は、「美しいデザインに求められるのは、機能的でありながら、シンプルで、画期的であること。着用することでより美しく、ポジティブな日常に繋がればと思います」と語る。

高い機能性とデザイン性を兼ね備えた新しい「エアリズム3Dマスク」で、マスク生活をより快適に変えてみてはどうだろうか。

READ MORE