News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

【小泉恵里のビューティ連載】敏感肌の優秀日焼け止めベスト3

Apr 22, 2021.小泉恵里Tokyo, JP
VIEW121
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
PHOTO:SEVENTIE TWO

 

紫外線が最も強い季節がやって来た!日焼け止めが毎日欠かせないが、私は昔から日焼け止めが苦手だ。「肌に優しい」と言われている敏感肌用日焼け止めでも肌荒れする。何が合わなくて肌荒れするのか、を確かめるために数十本の敏感肌用日焼け止めを試した結果、自分が肌荒れするのは「紫外線吸収剤」のせいであることが分かった。いくら無香料・無鉱物油・オーガニックで肌に優しそうでも、紫外線吸収剤が少しでも入っていたら速攻アウト。朝塗って日にあたればすぐに痒くなり、夕方には顔中に小さな湿疹が出来て、翌日にはゴワゴワの硬い肌に。

そこで紫外線吸収剤なし、に限定して使い心地のいい日焼け止めを探し求めた。しかし、「紫外線吸収剤を使用せずにSPF値を上げることは簡単ではなく、SPF値が上がっても使用感が悪かったり、白浮きしてしまったりとスムースには開発が進まない」という言葉がメーカーから上がるように、紫外線吸収剤なしと白浮きなしの両方を叶えるのは至難の技なのだ。自然食品屋さんのコスメコーナーに置いてある紫外線吸収剤なしの日焼け止めなどは、肌には優しいが白浮きがひどくて遠くから見るとお面かぶっているみたい、ということも経験ずみだ。

15年間で約30種類(1シーズン2~3種類)の紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを試しきてた私が、超個人的なベスト3をご紹介する。日焼け止め選びに迷っている方はぜひ参考にしていただければと思う。

BEST 3
伸びよし、コスパgoodで全身に惜しみなく
キュレル 潤浸保湿 UV ミルク SPF 32 PA++ 30ml1,650円(税抜) 花王

 

敏感肌には定評のあるキュレルのUVミルク。日焼け止め探しの初期の段階で薬局で出会った優秀日焼け止めだ。紫外線吸収剤無添加、シリコーン無添加、香料無添加、着色料無添加、鉱物油無添加、パラベン無添加、フェノキシエタノール無添加。肌への負担を感じない安心の中身。SPF 32 PA++ 、石けんでもオフできる。ミルクの質感は、さらっとした乳液タイプ。さらっと軽いつけ心地で肌に伸ばしやすく、上から重ねるファンデとの密着度も良い。保湿力はあるが、肌のキレイ見せの機能は感じない。難点は、乳液が乾くと首のシワに白い跡がついてしまうので、全体になじませることをお忘れなく。首に一切シワがない方にはいらぬアドバイスですが。

BEST 2
sunao
UVプロテクトクリーム<日焼け止め/下地クリーム>
SPF 32 PA++ 30g 3,300円(税抜)

 

スキンシップ・スキンケアという考えのUVクリーム
化粧下地だけでなく、家族でスキンシップしながらスキンケアできる、というコンセプトの UV クリーム。紫外線吸収剤フリーで、白浮きせずに SPF32 PA++ を実現した石けんでも洗い流せる UV クリームだ。 3種類の中では一番こってりとしたクリーム状で、つけた後は肌がもっちりふっくら。表面はさらっとマットな質感に仕上がる。子どもでも使え、石けんでも洗い流せるUV クリームで、ナチュラルなテクスチャーが思わず肌に触れたくなる感じ。目、口、鼻まわりなど荒れやすい部分へのケア効果を追求しているので、肌をなめらかに整えメイク崩れを防いでくれる。ミルクと比べるとのびが劣るので、丁寧に肌に密着させて。夏はさらっとした仕上がりが何より嬉しい。コンシーラーとパウダーでさっぱり仕上げたい。

BEST1
ツヤ肌実現、米発酵液の力!
アミノリセ UVケアミルク
SPF30 PA+++ 30g 3,000円(税抜)福光屋

 

金沢の老舗酒蔵、福光屋さんが、酒造り職人さんの肌の美しさに着目してつくった化粧品が「アミノリセ」シリーズ。米選びから米の磨き方、発酵に必要な酵母などの微生物に至るまで徹底的に研究を行った結果、米と発酵が生み出す天然の美容液「コメ発酵液FRS-01」(ノンアルコール・製法特許取得)に辿りついたそうだ。肌が本来備えている自ら美しくなる能力を最大限に引き出してくれる「コメ発酵液FRS-01」をはじめ、天然由来成分100%の日焼け止め乳液は、スルスルとすべるように伸びる、肌にやさしい紫外線対策乳液だ。3つの中では一番サラサラした液体で、手に乗せても流れていくテクスチャー。化粧下地としても優秀で、肌をほんのり明るく整えてくれて、ツヤと潤いが一日中続く。夜顔を洗った時に、朝よりも肌の調子が整っていることを実感するのはアミノリセだけだ。

それもそのはず、注目のエイジングケア成分もたっぷり配合していて、フェルラ酸(抗酸化作用・紫外線吸収作用で老化防止や美白に作用)、クマル酸(抗菌作用、チロシナーゼ阻害作用があり、老化防止や美白に作用)、アルブチン(メラニンの生成を抑制)、GABA(角質水分量改善、新陳代謝促進の働きがあり、シワやシミの防止に効果)とエイジング世代には嬉しいことだらけ。ノンシリコン処方なので洗顔石鹸で洗い流せて、安心して長時間使用できるようにナノ化成分も不使用だ。ライトなウォータープルーフ効果もあるので、汗をかいても安心。

シーンに合わせて今年の夏も、この3本で乗り切って行こうと思う。
顔と首元にはアミノリセ、手足にはキュレル、マスクで口元の乾燥が気になった時にはsunaoを子どもと一緒に。

***このコーナーは、ビューティー偏差値低めの40代ライターが、遅ればせながら自らのエイジングサインに直面して焦り、コスメ、健康食品、エクササイズなどを手探りで体験レポートする連載です。ナチュラルで体に優しい美容法を中心に、時には最新科学も取り入れながら、頑張りすぎない美しさを追求していきます。

■小泉恵里
ファッション系コンサルタント会社勤務の後、ファッション誌「流行通信」「WWD ジャパン」、メンズ総合誌「GQ JAPAN」編集部を経て、2009年独立。ファッション・ライフスタイル分野を中心に編集執筆活動をするほか、IT企業でコンテンツディレクション、リテールビジネスのコンサルティングも行なっている。

 

READ MORE