FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

『VICE』を発行する米国ヴァイス・メディアが少なくとも17名を解雇 メディアの方向性のシフトによるものか

Aug 29, 2021.安江侑花Tokyo,JP
VIEW79
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

アメリカに本部を置く、カナダのデジタルメディアおよび放送会社のヴァイス・メディア(Vice Media)が、8月26日に最低でも17名の従業員を解雇したと海外メディアなどが報じている。ヴァイス・メディアは昨今、動画メディアに力を入れており、7月にウェブメディア『Vice.com』や若い女性向けのウェブメディア『Refinery29』など自社のウェブメディアに投稿する記事を40〜50%減らすと発表していた。そして今回、主にライターや編集者が解雇された。

海外メディアによると、26日にメールで従業員に解雇が伝えられたという。メールでは、若者の間で流行している動画投稿SNSのTikTokで「Vice Indonesia」が100万人の登録者数を獲得したことなど、最近の動画メディアでの成功について述べた後、グローバル規模で会社が大きく変化していることについて説明した。そしてメールの最後に「残念ながら私たちは今日、何人かの友人や同僚にさようならを言わなければなりません。私たちは彼らの何年にもわたる会社への献身に感謝し、今後の活躍を願っています」と告げた。

解雇の範囲は『Vice News』や『Vice World News』には及ばず、ヴァイス・メディアの労働組合は『Refinery29』の従業員のうち17名が解雇されたと発表した。ヴァイス・メディアはグローバルに展開している企業であるが、今回解雇されたのは主にアメリカの常勤スタッフだという。

READ MORE